スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒしあわせ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 02:45:48.83 ID:MCn/5tkv0
ハルヒ「あたしね」
キョン「……ん?」

ハルヒ「ほんと言うと、あんまり友達居ないのよ」
キョン「まあ……うん」
ハルヒ「い、いらないけどね。そういうの」
キョン「…」
ハルヒ「……キョンは、友達っている?」
キョン「いるよ」
ハルヒ「そ、そうよね」
キョン「お前もその中の一人だけど?」
ハルヒ「え……あ、えっと……し、知らないわよ!」
キョン「おぅ」


[ハルヒしあわせ]の続きを読む...

ロシアのお菓子にハルヒが描かれてる件について

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/17(土) 20:01:40.50 ID:VpTq3rQP0



鼻....




[ロシアのお菓子にハルヒが描かれてる件について]の続きを読む...

長門「……一樹」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/17(土) 00:38:01.52 ID:SZifuN7g0

長門「………」
長門「………」
長門「………」
長門「…分かっている。写真が返答する事など不可能」




[長門「……一樹」]の続きを読む...

ニ ー ト か る た

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/14(水) 01:15:11.74 ID:OjPj4IEj0
「あ」

明日? 明日も今日もいっしょだよ・・・


[ニ ー ト か る た]の続きを読む...

キョン「な、長門が3人いるぅぅぅぅ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:29:29.81 ID:CDni4rrZO
…ガチャ
キョン「おは……うぉぉぉぉぉ!」
長門1「……あ、キョンさん!」
長門2「シシシ!キョン氏!おはようでござる!忍!忍!散ッ!シュバッ!」
長門3「あ!キョン君だ!キョーンく?ん!」
キョン「な、何で長門が3人も…!?」


[キョン「な、長門が3人いるぅぅぅぅ!」]の続きを読む...

一人暮らしで、「やっちまった・・・」と思う瞬間

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/12(月) 20:52:48.09 ID:LZhEsv4c0
三角コーナーを放置


[一人暮らしで、「やっちまった・・・」と思う瞬間]の続きを読む...

ハルヒ「キョンはここ! ここに座りなさい!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/09(金) 02:22:03.55 ID:MUdRYz7B0
キョン「はいはい」
ハルヒ「よいしょっ……」
キョン「ハルヒは軽いなぁ」
ハルヒ「ちょっと、ちゃんと腕を廻しなさいよ! 落ちちゃうじゃない」
キョン「わかってるよ」


みくる「……ど、どういう状況ですか!?」
古泉「まあ、コトの経緯はおいおい説明するということで……」
長門「…」


[ハルヒ「キョンはここ! ここに座りなさい!」]の続きを読む...

お ま え ら の 黒 歴 史 か い て け

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/07(水) 21:44:48.19 ID:xJr0TiC+0
gogo!!!!↓


[お ま え ら の 黒 歴 史 か い て け]の続きを読む...

翠星石「チビ人間が一緒に寝ようとか言って来るです!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/08(木) 20:31:53.63 ID:aFKY4Cqh0
翠星石「そこが可愛いところですけどね」

真紅「そ、そう・・・・・・・・」

雛苺「雛はこの前ジュンと一緒に寝たよー」

真紅「え?」

蒼星石「僕も一昨日一緒に寝たよ」

真紅「それは本当なの?」

翠星石「真紅はしょっちゅう寝てるんですか?」

真紅「そ・・・そんなの当たり前じゃない、ジュンは私のミーディアムなのよ」



[翠星石「チビ人間が一緒に寝ようとか言って来るです!」]の続きを読む...

朝倉「長門さん、あなたもしかして箸使えないの?」 古泉「死のう」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/06(火) 00:13:03.83 ID:HvUF7cl90
冬。コタツの中。
対面には長門さん。
私が作ってきた鍋料理をハフハフ言いながら食べている。
朝倉「おいしい?」
一瞬、動きを止めてこくり。
また口を動かす作業に戻る。
ほぼ同じ時間に作り出された私たちだけど、彼女はどことなく妹のように感じる。
まあ、私の勝手な妄想なのだけど。


長門が箸を使えなかったり年越しソバ食ったり、古泉が組織に入ったばかりの話を書く予定。
遅筆ゆえ、書きためが終わるとあーあな事になるため眠い人は寝ればいいと思う。


[朝倉「長門さん、あなたもしかして箸使えないの?」 古泉「死のう」]の続きを読む...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。