スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長門「……叩いて」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:02:42.49 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…え?なんて言ったんだ?」
長門「叩いて」
キョン「…何をだ?」
長門「私」
キョン「えっと…もしかして、俺に長門を叩けって?」
長門「そう」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:04:57.02 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「ちょ…ちょっと待て。
なんで俺が長門を叩かないといけないんだ?」
長門「………」
キョン「おい、黙るな」
長門「…はやく」
キョン「いや…」
長門「はやくしないと大変なことになる」
キョン「え?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:07:46.57 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…もしかして、ハルヒと関係あるのか?」
長門「………」
キョン「そうなのか?」
長門「…はやく」
キョン「…わかったよ。叩けばいいんだな」
キョン「長門…悪いな」ペチンッ
長門「………」
キョン「どうだ?」
長門「ダメ…」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:09:52.07 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「なにがダメなんだ?」
長門「弱い…もっと強く叩いて」
キョン「いや…それは…」
長門「はやくしないと大変なことになる」
キョン「……わかったよ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:12:07.72 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「じゃ…じゃあいくぞ」
長門「…はやくきて」
キョン「………」バチンッ
長門「………」ピクッ
キョン「長門…大丈夫か?」
長門「…もう一回」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/30(水) 12:12:41.73 ID:kzUI21dD0
こんにゃくの無駄使いはやめましょう


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:16:20.82 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…お…おい、これで十回目だぞ…」
長門「……まだ」
キョン「…まだ叩かないとだめなのか?」
長門「………」コクンッ
キョン「いや、なんというか
女を殴るというのは心が痛むんだが…」
長門「気にしないでいい」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:21:05.05 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「も…もう流石にいいだろ…」
長門「………」
キョン「なぁ」
長門「…わかった」
キョン「…ふぅ、終わりか……
長門、結局今のは何だっ…ってそれはなんだ?」
長門「ロープ」
キョン「えっと…」
長門「縛って」
キョン「…なんとなく予想はついた」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:25:43.37 ID:8Tsg4Fz0O
キュキュッ

キョン「…これでいいのか?」
長門「全然だめ」
キョン「どうすればいいんだよ…」
長門「もっと強く…肉に食い込むくらいに…」
キョン「長門……こんなことして何の意味があるんだ?」
長門「はやくしないと…」
キョン「わかったわかった、大変なことになるんだな」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:30:17.34 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…うっ…おりゃ…」ギュッ
長門「………」ビクッ
キョン「いいのか?おもいっきり、きつく縛ったぞ」
長門「いい……すごく…」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:34:26.48 ID:8Tsg4Fz0O
長門「次は目隠し」
キョン「…はいはい」
長門「ギグボール」キョン「…はいは…って、まてっ!」
長門「なに?」
キョン「やっぱりこれって、Sえ…」
長門「違う」
キョン「いや、これはどう見てもえ…」
長門「違う」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:35:56.83 ID:VFdg9UmsO
俺はたとえどんな長門でも受け入れる考えだ


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:37:16.57 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…いや、それに、
こんなのつけたら、長門が何言ってるかわからんだろ?」
長門「………」
キョン「な?」
長門「…じゃあ、ちょっとだけつけて」
キョン「…了解」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:40:24.33 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…なぁ、長門」
長門「…ふぁふぃ?」
キョン「満足か?」
長門「………」コクッ
キョン「じゃあ外すぞ」
長門「…ふぁうぇ」
キョン「…外すぞ」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:42:40.66 ID:8Tsg4Fz0O
長門「…だめと言った」
キョン「いや、だから何て言ってるか、わからなかったんだよ」
長門「……それなら、仕方ない」
キョン「…なんで少し残念そうなんだよ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:49:32.36 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…次は何をすればいいんだ?」
長門「その辺りに道具がある」
キョン「…道具?その辺あるものって
………おいっ!」
長門「なに?」
キョン「ロウソクしか無いんだか…
これはアレだよな…この部屋の備品かなんかだよな?」
長門「安心して…それは低温ロウソク…」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:52:37.68 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…あのさ…低温ロウソクってなんだ?」
長門「プレイ用のロウソク。
低温で溶けやすく、火傷をしにくく作られている」
キョン「…そんなのがあるんだな」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:55:16.36 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「これってアレだよな?
火をつけてロウを垂らす」
長門「そう」
キョン「…やっぱりやらないとダメなのか」
長門「はやくしないと…」
キョン「わかった。やればいいんだろ…」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:00:10.34 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「長門…火をつけたぞ…」
長門「垂らす際の注意。
溶けてすぐのロウは高温…火傷の恐れがある。
実際に垂らすのはロウソクを伝わせて熱を冷ましたもの」
キョン「…なんでそんなに詳しいんだ……
……いや、長門ならなんでも知ってるな」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:03:17.25 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「じゃあいくぞ」
ポタッ…ポタッ…
長門「………」ビクッビクッ
キョン「…大丈夫か?」
長門「問題ない」
キョン「……ある意味大問題なんだが」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:06:55.58 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…あっ、やばっ」
ダラッ
長門「………」ビクビクビクッ
キョン「だ、大丈夫か!?
ごめん…溜まってたロウ全部こぼしちまった…」
長門「…問題ない」
キョン「いや、さっき火傷するって…」
長門「…むしろ良かった」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:11:50.50 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「と…とりあえず、ロウは全部取り除いたぞ」
長門「…別にそのままでも良かった」
キョン「よくねえよ。肌だって真っ赤になって…」
長門「問題ない」
キョン「…長門がそう言うなら大丈夫なんだれうな」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:13:12.14 ID:obXsH0HD0
>大丈夫なんだれうな
ドーナツ吐いた


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:14:45.19 ID:DCEQxLYK0
はなみずぶっ飛んだwww


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:16:08.47 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「もういいよな?ロープ解くぞ」
長門「…まだ足りない」
キョン「足りない?」
長門「…まだ要素が足りていない」
キョン「要素?…なんだか重要なことみたいだな」
長門「…そう、最後の仕上げがある」
キョン「わかった。俺にできることならやってやる」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:20:19.35 ID:8Tsg4Fz0O
長門「目隠しをとって」
キョン「ん?わかった」

長門「そこにある物で叩いて」
キョン「そこ?さっきはロウソクしか無かっ……」
長門「それ」
キョン「…これって」
長門「そう、鞭」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:30:07.78 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「いや…鞭って…」
長門「その鞭もプレイ用…安心して」
キョン「安心してって…」
長門「昔、鞭は刑罰として使われたこともある。
でも…鞭百叩きなどの刑があった場合でも
数回で受刑者は絶命したらしい…
それは、あまりにも激しい痛みによるため…」
キョン「…いや安心できないだろ」
長門「問題ない、それはプレイ用」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:33:04.50 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「いや…プレイ用でもなんでも、流石に鞭は…」
長門「もう時間がない…」
キョン「…わかったよ。やればいいんだな」
長門「はやく」
キョン「…どこ叩けばいいんだ」
長門「どこでもいい…はやく…」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:35:27.97 ID:8Tsg4Fz0O
バチィッ
長門「………」ビクッ
キョン「……ほんとに大丈夫なのか?」
長門「問題ない…続けて…」
キョン「わ…わかったよ…」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:39:03.03 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…もういいだろ?」
長門「まだ…」
キョン「いや…もうヤバクないか?」
長門「じゃあ…ここ」フリフリ
キョン「おい…なにやってんだよ」
長門「臀部は脂肪がつきやすい…だから大丈夫…」
キョン「いや…パンツまる見えだぞ」
長門「問題ない」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:44:00.89 ID:8Tsg4Fz0O
バチィッ
長門「………」ビクッ
ビチィッ
長門「………」ビクッ
キョン「おい…もういいだろ?
真っ赤になってしさ…」
長門「かまわない…続けて…」
キョン「…わかった」
バチィッ


みくる「…あ…あの」
キョン「朝比奈さん!?」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:47:26.18 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「…あ…あの…これはどういった状況なんですか?」
キョン「あ…いや…その…」
みくる「これってやっぱり……」

キョン「おい、長門、どうするんだよ」
長門「朝比奈みくるを追い出して続きを再開する」
キョン「…いやでも、どうやって」
長門「それはまかせる」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:53:54.82 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「あの…キョンくん?」
キョン「な、なんですか?朝比奈さん」
みくる「これって…やっぱり…Sえ」
キョン「違いますよ朝比奈さん!」
みくる「ふぇ?」
キョン「これはですね、とーっても大切な儀式なんです」
みくる「儀式?」
キョン「はい、そうなんです」
みくる「でも、どうみても、え…」
キョン「だから違いますって!
とても重要な役割をはたしてるんです」
みくる「…ほ、本当ですか?」
キョン「本当ですって」
みくる「…では、どういった意味があるんですか?」
キョン「え?…あ…それは……」
みくる「何ですか?」
キョン「…き…き…禁忌…事項…です」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:55:19.96 ID:C+xiqQiR0
禁則事項wwwwwww


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:57:14.18 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「………」
キョン「………」
みくる「なら仕方ないですね」
キョン「………え?」
みくる「禁忌事項では仕方ありませんね。
私は帰ります」
キョン「あ…さようなら朝比奈さん…」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:01:07.92 ID:8Tsg4Fz0O
長門「でも、これで続きが…」

古泉「こ…これはいったい…」

キョン「…まだ無理みたいだな」
長門「………」コクリ


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:03:28.21 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「無理だ…俺に古泉を丸め込めるとはとても思えない…」
長門「私がいく…」
キョン「…え?」
長門「待ってて」
ズリッズリッズリッ…


キョン「……縄ほどかなくていいのか?」


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:07:49.66 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…何を話してるんだ」
キョン「と言うか長門は縛られたままでいいのか……」
キョン「あ、話しが終わったみたいだな」

古泉「そう言うことでしたか。
それでは仕方ありませんね。
では、私は帰ります」
キョン「え?あ?」
ズリッズリッズリッ
長門「…これで邪魔は無くなった」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:10:55.37 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「ところで…どうやって古泉を追い返したんだ?」
長門「同じ」
キョン「同じ?なにがだ?」
長門「さっきあなたが使ったのと同じ方法」


キョン「…え?禁忌事項?」
長門「………」コクリ


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:17:22.23 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「そ、そうだ!ハルヒは?ハルヒはどうするんだ?」
長門「…涼宮ハルヒ」
キョン「あいつに限っては追い返しようがないぞ」
長門「…………」
キョン「もうやめよう」
長門「………」コクッ
キョン「じゃあ、ほどくぞ」

キョン「…くっ、なんだこれ…かたいな…」

ハルヒ「…きょ…キョン…何やってんの……」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/30(水) 14:18:26.25 ID:d4ZQJDCk0
>>129
オワタwww


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:24:20.73 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「あ………」
ハルヒ「あ…あんた…有希になにやってんの…」
キョン「え?いや…なんでも…」
ハルヒ「なんでも、じゃないでしょ!
有希を縛って……」
キョン「いやぁ…これは……」

ハルヒ「有希…大丈夫?
…って!?なにこの傷……」
有希「問題ない…これは…」
ハルヒ「言わなくていいわ。キョンに酷いことされたんでしょ」
キョン「え?いや…違っ、違わないけど違っ…」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:30:13.60 ID:8Tsg4Fz0O
ハルヒ「とにかく、有希は私が預かるから」
キョン「え?…あ……」
ハルヒ「あんたが、こんな最低なやつだとは思わなかったわ」
キョン「ち…違う!」
ハルヒ「なにが違うのよ!有希にこんなことしておいて」
キョン「いや…だから…」
ハルヒ「なに?何か理由があるの?
言ってみなさい」
キョン「…………」

ハルヒ「有希、帰るわよ」
長門「…私は」
ハルヒ「いいのよ。何も言わなくて。
さぁ帰りましょ」


キョン「…………」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:31:30.11 ID:ixjUQmXD0
長門説明しないとキョンが社会的に破滅するwwww


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:34:03.72 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…終わった…いろんな意味で終わったみたいだ」

キョン「俺も帰ろう…」
長門「それは、まだ無理」
キョン「な…長門!?どうしてここに!?」
長門「涼宮ハルヒを丸め込めこむのに成功した」
キョン「ど…どうやって…」
長門「き…」
キョン「いや、わかった。言わなくていい」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/30(水) 14:39:15.00 ID:xn5WOYhh0
なるほど。SM系の本を読んでエラーが蓄積された長門ですね。わかります。


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:40:37.01 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「でも、大丈夫なのか?」
長門「?」
キョン「いや、丸め込んだって言っても、
あの光景をみたんだ。
ハルヒに心理的なショックを与えたことにはかわりないだろ?
そしたら閉鎖空間だって…」
長門「大丈夫」
キョン「なんでだ?」
長門「禁…」
キョン「まて、
それはそんなに万能なものなのか?」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:46:13.44 ID:8Tsg4Fz0O
長門「…さっそく再か」
キョン「いや…もう今日はやめよう」
長門「何故?最大の障害である涼宮ハルヒは帰った」
キョン「いや…なんていうか…もう遅いし…」
長門「やらないと大へ…」
キョン「わーわーわー!俺は何も聞いてないぞ!」
長門「………」
キョン「じゃあ俺は帰るからな!じゃなあな!」

長門「………」

長門「………」

長門「………」

長門「……放置プレイ」ビクビクッ


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:58:42.60 ID:fmB74o7k0
.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / ∧/    縛って  
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./ /
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       ?        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐'´        |
       /::/  ̄      `ー‐一ヘ__jレ∧  \   ,,-‐'´             |
        /::/               / ∧ ヽ   >ー'´            │


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 15:01:31.70 ID:fmB74o7k0
            ,ィュ-‐-、_
         /: : : : : : : : : :`ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       イ : : : : ,ィ ./リ| ト、: : : : : ゝ
        !: :/: :,AZ__ |/' >r.、: :N  …え?
        !'ヽ: :! ―-   ニ| .! .!ノ   なんて言ったんだ?
         _人_l、u.   i .(ヾ| .! iヽ
    _,..-'´/:::::| ヽ ? ,.ネ、   ト、
  r'´:::::::::::::く:::::::|  ノ` =く. .|::ヤ   .|:::`゙ー、
 /:!::::::::::::::::::/::::::.レ'^YニY/レ!:::ヽz='=i::::::::ヽ
/::::::!::::::::::::::::ヽ:::::::|  .〉-〈 /::::::〈:::::::::::::|:::::::::::!


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 15:55:11.98 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「なんでだ?」
長門「何?」
キョン「なんで何もしてないのに勝手に縛られてるんだ?」
長門「空間情報を…」
キョン「いや、やっぱりいい。きっとわからないからな…
って何だ?その縛りかたは?」
長門「亀甲縛り…
主にプレイ目的の縛り方。
きつく縛ることにより……」
キョン「…いや、そっちの説明もいい」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 15:57:49.16 ID:8Tsg4Fz0O
長門「そこに今回使う道具がある」
キョン「また危ないものじゃ……マッサージ機?」
長門「そう」
キョン「…少し安心した」
長門「そう……使い方は…」
キョン「いや、これはわかるだろ」
長門「…意外」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:00:56.39 ID:8Tsg4Fz0O
ドドドドドドドドドド(注 ジョジョではありません

長門「………」
キョン「マッサージ機っつったら肩のコリをほぐす。
こんぐらい俺でもわかるよ」
長門「…失望した」
キョン「え?違うの?」
長門「違う」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:04:52.91 ID:8Tsg4Fz0O
長門「何故、私が縛られてるのかを考えて」
キョン「…うーん」
長門「思春期の男子ならわかるはず」
キョン「…わ…わかったぞ」
長門「…はやく」


ドドドドドドドドドド
キョン「あ…頭?」
長門「ゆゆゆゆゆユニーク」ガクガクガクガク


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:12:50.65 ID:8Tsg4Fz0O
長門「…もういい」ズリッズリッズリッ…
キョン「あっ待て長門…ってうわっ!」
ズムッ
キョン「ご、ゴメン!踏んじまった」
長門「………」ビクッビクッ
キョン「大丈夫か?痛くないか?」
長門「……見直した」


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:20:02.00 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「なんだ?校庭なんかに呼び出して」
長門「ここにあるサッカーボールをおもいっきり蹴って」
キョン「なんでだ?」
長門「………」
キョン「…まぁいいか。サッカーボールくらいなら」

キョン「いくぞ」
長門「………」ズサーッ
キョン「え?ながっ、止まっ」
ドゴッ
長門「うっ………」ビクビクビクッ
キョン「長門!?」
長門「…一般的に脚力は腕力の約三倍」
キョン「意味わかんねぇよ!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:36:18.56 ID:8Tsg4Fz0O
長門「いいことを思い付いた」
キョン「なんだ?」
長門「みてて」

キョン「ドアの前で仰向け……なんなんだそれ」
長門「みてて」

ガラッ
ハルヒ「さぁ、今日も…」ムギュ
長門「うっ……」ビクッ
ハルヒ「有希!?なんでこんなところに?」

キョン「………」
長門「…大発明」


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:47:55.78 ID:8Tsg4Fz0O
長門「…踏んで」
キョン「…長門…もうやめよう」
長門「違う…ただの足踏みマッサージ」
キョン「…ならいいぞ」

キョン「どうだ?気持ちいいか?」ギュッギュッ
長門「うっ……中々の圧迫感……
ただ…少し弱い…」
キョン「…マッサージだからな。強くは踏まないぞ」
長門「…残念」
キョン「残念がるな」

長門「もっと上」
キョン「ん?わかった」
長門「上」
キョン「おう」
長門「上」
キョン「…おう」
長門「上」
キョン「…いや、もう肩まできてるんだが」
長門「上」
キョン「上って…そこ頭じゃ…」
長門「はやく」
キョン「…お…おう…うわっ」ズルッ
長門「あぐっ…」グキッ
キョン「長門!大丈夫か!?いま首が」
長門「新感覚」
キョン「へたすりゃ死ぬっての」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 19:35:28.21 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…また縛られてるのか」
長門「………」コクッ
キョン「…今日は何をすればいいんだ?」
長門「まかせる」
キョン「…は?」
長門「やりたいようにやればいい」
キョン「………」
長門「はやく」
キョン「なぁ、長門」
長門「何?」
キョン「自分で縛れるってことは自分で解けるんだよな?」
長門「………」コクッ
キョン「そうか、それを聞いて安心した」
長門「?」
キョン「じゃあなっ!」
長門「………」

長門「…それが…答え」


次の日
キョン「…えっと、もしかして…昨日からそのままなのか?」
長門「………」コクッ
キョン「な…なんでだよ…」
長門「あなたが放置プレイを望んだ」


356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:19:38.47 ID:8Tsg4Fz0O
長門「私が本を読んでいるとする」
キョン「まぁ、よく読んでるな」
長門「そのとき、まず、あなたが本を奪う」
キョン「いや、なんでだよ」
長門「私は本を返してくれと懇願する」
キョン「…まぁ、言うだろうな」
長門「あなたはそれを無視して、数回私を蹴る」
キョン「だから、なんでだよ」
長門「私はめげずに本を返すように頼む」
キョン「……よっぽど本を読みたいんだな」
長門「…そう、でもあなたは返してくれず。
ただ私を執拗に蹴りつづける」
キョン「…俺、ひどい奴だな」

長門「始める」
キョン「ん?なにをだ?」
長門「……今、説明した」
キョン「今のやんのかよ!」


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:28:38.51 ID:8Tsg4Fz0O
長門「これ」
キョン「バット?なんでこんなもの」
長門「フルスイング、頭」
キョン「いや…死ぬって…
…いや死ななくてもやりたくない」
長門「…そう」
キョン「…なんで残念そうな顔するんだよ…」
長門「…では、ここに」フリフリ
キョン「……ケツバット?」
長門「フルスイング」
キョン「なんでこんなことしなくちゃいけないんだよ…」
長門「はやく…大変なことになる…」
キョン「……そう言われると弱いな」
長門「はやく」
キョン「…いくぞ」
ブンッ バチィッ
長門「………」ビクッビクッビクッ
キョン「な…長門?」
長門「…ホームラン」


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:30:48.33 ID:Zv+dJy0m0
ホームランwwww


365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:36:03.81 ID:8Tsg4Fz0O
長門「これ」
キョン「…よく次から次えと物が出てくるな。
……これは…首輪か?」
長門「そう」
キョン「何につかうんだよ」
長門「私がつける」
キョン「…そうか」
長門「つけて」
キョン「わ…わかった。それくらいなら…」


キョン「どうだ?」
長門「これで、私はあなたのペット」
キョン「は?」
長門「わんわんわん」


375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:45:22.55 ID:8Tsg4Fz0O
長門「今から、私は雌犬」
キョン「…おい」
長門「雌豚のほうが良かった?」
キョン「違う!お前変だぞ」
長門「…もう一回言って」
キョン「聞こえなかったか?…お前、変だぞ」
長門「…具体的に」
キョン「なんて言うか…気持ち悪い…」
ビクンッ
長門「…もう一回」
キョン「だから、そう言うところが気持ち悪いんだって」
長門「…その軽蔑にみちた視線も」ビクッビクッ


377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:49:44.69 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「気持ち悪いなぁ」
長門「………」
キョン「マジきもい」
長門「………」
キョン「鳥肌たった(悪い意味で)」
長門「………」
キョン「死ね」
長門「…いい…最後のが特に」


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:02:04.75 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「あれ?キョンくんは、いないんですか?」
長門「…そう」
みくる「そうなんですか…」
長門「彼がいないことにより問題が発生した」
みくる「ふぇ?なんですか?」
長門「代わりをあなたに頼みたい」
みくる「私にできることですか?べつにいいですよ」
長門「簡単なこと」
みくる「はぁ…」
長門「叩いて」


384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:04:10.20 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「あ…あの…何を叩くんですか?」
長門「私」
みくる「…私が長門さんを?叩く?」
長門「そう」
みくる「そ…そんなことできませんよ…」
長門「……何故?」


386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:08:14.31 ID:8Tsg4Fz0O
長門「たいしたことじゃない。
軽く叩くだけ」
みくる「…で、でも」
長門「あなたは黙ってやればいい」
みくる「…は…はい」

みくる「…い…いきますよ」
長門「はやく」
みくる「や…やぁ…」ポコッ
長門「………」
みくる「…これでいいんですか?」
長門「…舐めているとしか思えない」


389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:12:12.26 ID:8Tsg4Fz0O
みくる「だ…だめなんですか!?」
長門「もっと強く。本気でいい」
みくる「本気ですか…」

みくる「や…やぁ!」バゴッ
長門「!?………」ビクッビクッ
みくる「長門さん!?大丈夫ですか?」
長門「…握り拳……ユニーク」


397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:29:28.88 ID:8Tsg4Fz0O
キョン「…なんか疲れた」
長門「それならいいものがある」
キョン「なんだ?」
長門「…少し待って」
キョン「どうしたんだ?四つん這いなんかになって」
長門「…椅子」
キョン「……は?」
長門「座って」


406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 00:50:56.00 ID:Seh0QGO9O
長門「これ」
キョン「またロープか…今度のは少し短いな。
縛ればいいのか?」
長門「違う…絞める」
キョン「…なんとなくわかるんだか何をだ?」
何「首」
キョン「…やっぱりそうか」


408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 00:55:47.26 ID:Seh0QGO9O
長門「絞首プレイというのは、今までのとは少し違う」
キョン「…まぁ、命にかかわるからな」
長門「欧米などの若者が好んでやる遊びの一つ。
首を絞め失神する寸前の感覚をたのしむもの。
あなたの言った通り、絞めすぎは生命にかかわる」
キョン「…そんな危ないのできないって」
長門「大丈夫、危なくなったら教える」
キョン「…そうか」


410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 01:01:00.48 ID:Seh0QGO9O
キョン「苦しくなったらすぐ言えよ」
長門「わかっている」

キョン「いくぞ」ギュッ
長門「………」
キョン「…みるみる顔が青くなってく」
長門「………」
キョン「まだか?」
長門「………」ビクッビクッ
キョン「なんか痙攣してるぞ」
長門「………」ブクブク
キョン「泡ふいて……はっ!俺は馬鹿か!」
シュル
キョン「首しめたら何も言えるはずないだろ!」
長門「……ばれた」


462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:36:21.09 ID:Seh0QGO9O
長門「………」
キョン「…なんだかもう、
その(縛られてる)姿にもなれちまったな」
長門「そう…」
キョン「とりあえず俺は帰る…」
長門「………」
キョン「…ん?あれ?」
長門「あなたは出られない。
朝倉涼子が使ったのと同じ手段をつかった」
キョン「だ…出せよ!」
長門「私の言う通りにすれば解放する」
キョン「…くっ…なんだこれ…
縛られてる奴に脅迫されるなんて」


463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:40:08.96 ID:Seh0QGO9O
キョン「…まずは何をすればいいんだ?」
長門「踏んで」
キョン「………」ムギュ
長門「もっと強く」
キョン「………」ムギュ
長門「そのまま、グリグリと踏みにじるように」
キョン「………」グリグリ
長門「…その軽蔑したような視線も最高」ビクッビクッ


464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:44:50.93 ID:Seh0QGO9O
長門「次は…」
キョン「まだ、やらないといけないのか…」
長門「その上に私を乗せて」
キョン「その上?
……っていつのまに木馬なんて」
長門「はやく」
キョン「わかったよ…よいしょっ」
長門「………」
キョン「のせるぞ」
ドンッ
長門「!?……」ビクビクッ
キョン「あっ、ごめん!勢い良すぎた」
長門「…よかった」
キョン「…そ…そうか」


465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:48:29.01 ID:Seh0QGO9O
長門「あとは好きにしていい」
キョン「…好きにしてって言われても」

キョン「……少し休むわ」
長門「………」

キョン「スー…スー…」
長門「………」

長門「…あなたは放置プレイが好き」


476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 11:27:13.82 ID:Seh0QGO9O
ガチャ
朝倉「有希!」
キョン「うわぁ!な…なんで朝倉が…」
朝倉「言ったはずよ。私は何度でも蘇るって」
キョン「……言ってたか?」
朝倉「それよりも、有……有希!?」
長門「なに?」
朝倉「なに?じゃないわよ。なんで縛られて……
…そう、彼がやったのね」
長門「違う…」
朝倉「大丈夫、今、消してあげるから」
キョン「なんでだよ!」
長門「…邪魔」
朝倉「え?有希、今なんて言ったの?」
長門「邪魔…消えて」
朝倉「え?………あ…あれ?崩壊因子?
有希…なんで?私はあなたを…」


長門「邪魔者は消えた」
キョン「…本当に消してよかったのか?」


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 11:28:02.43 ID:SfdfJhkx0
朝倉不憫wwwwwwwwww


478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/01(木) 11:30:56.13 ID:cWx1pCgF0
なんという出落ちwwwwwwwwww


511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 14:29:22.05 ID:Seh0QGO9O
長門「この三角木馬には車輪がついている」
キョン「ん?そうだったのか」
長門「押して」
キョン「…なんでだ」
長門「強く押して」
キョン「……もう、なんでもいいや」
トンッ キュラキュラキュラキュラ バコッガッシャーン
長門「…壁に衝突…転倒…予想通りの結果」
キョン「…なにがやりたいんだよ、お前は」


545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 16:40:29.16 ID:Seh0QGO9O
長門「朝比奈みくる。
あなたは意外と容赦がないことが判明した」
みくる「…そ、そんなことないですよ」
長門「彼との比較のために、
彼にやってもらったことと同じことを頼む」
みくる「ど…どういうことですか?
このバットは何なんですか?」
長門「叩いて」
みくる「ふぇ?えー!?無理ですよ!」
長門「問題ない」
みくる「…ふぇ…え……」
長門「はやく」
みくる「……やぁ!」ブンッ
ゴンッ……バタッ…



長門「……容赦なく頭部を攻撃してくるとは思わなかった」
みくる「ご…ごめんなさい…」
長門「問題ない」


553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:17:20.91 ID:Seh0QGO9O
キョン「古泉」
古泉「なんですか?」
キョン「お前に相談があるんだが」
古泉「おや?僕にですか?珍しいですね」
キョン「…長門のことなんだが」
古泉「ああ、なるほど」
キョン「流石に朝比奈さんやハルヒには相談できないからな」
古泉「まぁ、そうですね」
キョン「今、頼りになるのはお前しかいないんだ」
古泉「………」
キョン「どうした?」
古泉「あの…もう一度言ってもらえませんか?」
キョン「ん?ああ…頼りになるのは、お前だけだ」
古泉「わかりました!僕に任せてください」

キョン「……大丈夫かな」


554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:20:07.87 ID:Seh0QGO9O
キョン「具体的に良い案はあるのか?」
古泉「こういうのは本人に直接話すのが一番でしょう」
キョン「……大丈夫なのか?」
古泉「まかせてください!僕は頼れる男ですからね」


キョン「…本気で心配になってきた」


555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:22:38.47 ID:Seh0QGO9O
古泉「では、行ってきます」
キョン「お…おう…」

十分後
古泉「………」
キョン「どうだったんだ?」
古泉「……お腹を踏んできました」
キョン「…そ…そうか」


558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:49:00.62 ID:Seh0QGO9O
古泉「長門さん」
長門「…古泉一樹」
古泉「彼から頼まれましてね。最近のあなたの行動は…」
長門「………」ゴロンッ
古泉「…なんで寝転がるんですか?」
長門「…踏んで」
古泉「………はい?」


559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:54:06.03 ID:Seh0QGO9O
長門「踏んで」
古泉「…あのですね。そういう行動が彼を…」
長門「踏んで」
古泉「…いえ、ですから」
長門「踏んで」
古泉「そういう言動が…」
長門「踏んで」
古泉「……わかりました」


古泉「…女性を踏むなんて…
僕の倫理感が…今まで積み上げてきたものが…」
キョン「まぁ…とにかく落ち着け」


563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 18:17:36.05 ID:Seh0QGO9O
ハルヒ「キョン、なんで有希がいないの?」
キョン「ん…あ…いや…わからん…」
ハルヒ「そう、どうしたのかしらね?」


ブランッブランッ
キョン(…なんで天井にぶら下がってんだ)
長門「………」

ハルヒ「どこにいるのかしらね?」
キョン(…なんでハルヒも気づかないんだ?)


649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:03:30.32 ID:Seh0QGO9O
長門「叩いて」
キョン「長門…あのな…」
長門「人間には、褒められて伸びるタイプと
叩かれて伸びるタイプがいるらしい」
キョン「ん?」
長門「私は間違いなく後者」
キョン「いや…長門…そういう意味じゃ…」


713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 22:22:21.27 ID:Seh0QGO9O
長門「現在の教育では体罰は禁止されている」
キョン「ん?ああ…そうだな」
長門「これは由々しき事態」
キョン「んー、まぁ、ぶん殴らないと、わかんない奴もいるしな」
長門「そう」
キョン「でもな、長門」
長門「なに?」
キョン「お前はどっちみち殴られないぞ。
殴られるようなこともしてないし」
長門「!?……そこまで考えてなかった」


752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:10:55.32 ID:Seh0QGO9O
キョン「…長門、もう、いくら縛られてようが、
どうしようが突っ込まんからな」
長門「そう…」
キョン「それに、こんな危ないこともうやってられっか、
俺は自分の家に帰らせてもらう」
長門「…死亡フラグ」
キョン「死亡フラグ?そんなもんあるわけ…」
スパッ
キョン「うわぁあああ!何か切れたぁああ!」
朝倉「大丈夫、今のは挨拶がわり、切ったのは服だけよ」
キョン「…なんで、まだいるんだよ」
朝倉「言ったでしょ。私は何度でも蘇るって」
長門「安心して…すぐに消す」
朝倉「…え?」
長門「今、崩壊因子を準備している」
朝倉「待って!有希待って!」
キョン「…待ってやったほうがいいんじゃないか?」
長門「……あなたがそう言うなら」


758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:20:26.94 ID:Seh0QGO9O
キョン「いや、なんで何回も蘇ってんだよ」
朝倉「私は有希のバックアップだからね。
有希にバグが発生したから情報思念体が再生してくれたのかもね」
キョン「そうなのか…じゃあ今までのは」
朝倉「そうね、おそらくバ…」
長門「違う、バグじゃない」
朝倉「いいえ、あきらかにバグよ。
こんなの普通じゃないわ」
キョン「……俺はそういうのは、よくわからんから何とも言えないな」
長門「…それなら、朝倉涼子、あなたが実際に試してみればいい」
朝倉「……はい?」
長門「バグかどうか、バックアップであるあなたが検証すればいい」
朝倉「え?え?なんで?なんでそうなるの?」


763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:24:36.17 ID:Seh0QGO9O
朝倉「わ…私は帰る…こんなとこいられない」
キョン「あ…死亡フラグ」
長門「にげられない」
朝倉「な…なんで私は縛られてるの!?」
キョン「…いや、情報操作だろ」
朝倉「あ…そうか…なら私だって…
……あれ?なんで?」
長門「あなたは所詮バックアップ」


767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:27:23.78 ID:Seh0QGO9O
朝倉「ちょっ…ちょっと有希…冗談よね?」
長門「私は常に本気」
朝倉「………あっ、キョンくん、助けて」
キョン「…悪いが俺には長門を止められん」

朝倉「だ、誰か助けてぇええええ!」


771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:31:21.38 ID:Seh0QGO9O
長門「さっそく、朝倉涼子を叩く」
朝倉「…叩くったって、あなただって縛られてるじゃない」
キョン「…いや、長門はいつだって解け…」
長門「そう、私には無理」
キョン「あれ?」
長門「だから彼に頼む」

キョン「えぇぇえええええ!」
朝倉「えぇぇえええええ!」


776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:35:22.05 ID:Seh0QGO9O
長門「…いつもの」
キョン「おいっ、いきなりアレか?」
長門「問題ない」
朝倉「ちょ…ちょっと、二人しかわからない話しないでよ」
キョン「ん?ああ、すまん」
朝倉「その、いつものとかアレって何よ」
キョン「え?これだけど」
朝倉「…そ…それって」
キョン「…うん、鞭だな」
朝倉「いゃあああああああああああ!」


779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:39:35.53 ID:Seh0QGO9O
朝倉「ま…まさか…それで私を叩いたりなんかしないわよね?」
キョン「…いや…それは」
長門「叩く」

朝倉「……有希、あなたにバグなんてないわ。だから…」
長門「もう遅い」

朝倉「…キョ…キョンくん、いくらなんでも、
そんなもので私を叩いたりしないよね」
キョン「………」
朝倉「な…なんで無口なの?」
キョン「…ごめん」
朝倉「なんで謝るの!」


782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:42:24.88 ID:Seh0QGO9O
長門「始めて」
朝倉「ちょ…有希…」
キョン「………」
長門「はやく」
キョン「ごめん」
朝倉「キョンくん、まっ…」
バチィッ
朝倉「いぎゃあああ!」


784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:45:07.34 ID:Seh0QGO9O
長門「…どう?」
朝倉「い、痛いに決まってるんじゃない!」
長門「…そう、ならバグの可能性は捨て切れない。
引き続き検証する」
朝倉「え?…そんな聞いてな…」
バチィッ
朝倉「にぎゃあああああ!」


785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:47:34.85 ID:Seh0QGO9O
朝倉「ゼェ……ゼェ……」

長門「10発目…いまだに苦痛のみ」
キョン「なぁ長門、もうやめてやったほうが…」
長門「続行」

朝倉「いゃあああああああああああああああああああ!」


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:52:42.94 ID:Seh0QGO9O
朝倉「ゆ…有希!有希!」
長門「なに?」
朝倉「…もう…検証はやめましょう」
長門「痛み以外の感覚はあった?」
朝倉「え?…あ……」
長門「あった?」
朝倉「あ…うん!あったあった!」
長門「…そう、ならもう苦痛はないはず」
朝倉「うん!そんなの全然ないから!」
長門「では続行してもかまわないはず」
朝倉「…あ…え?」
長門「続行」

朝倉「……もぅ…いやぁ…」


799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:58:53.51 ID:Seh0QGO9O
キョン「………」バチィッ
朝倉「あぐっ……キョ…キョンくん…」
キョン「………」ピタッ
朝倉「も…もうやめましょう。こんなこと…」
キョン「………」
朝倉「そ…そうだ!二人で説得すれば
有希だって聞き入れてくれるかも」
キョン「……そうかもしれませんね」
長門「騙されてはだめ」
朝倉「有…希?」
長門「彼女はあなたを殺そうとした」
朝倉「あ…え?…有希?」
キョン「………」
朝倉「あ…あれは違うの!私自身は反対したのよ!
ただ急進派としては…」
バチィィィィッ
朝倉「あぎゃああああああああ!」


807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:03:58.01 ID:6r+GHps8O
朝倉「…………」ピクッビクッ

キョン「あ…やばい…やりすぎた…」
長門「問題ない」
キョン「いや、たしかに俺も少しプッツンときたけど…これは…」
長門「大丈夫よくある展開では、
このあと朝倉涼子はこのような行為が病み付きになるはず」
キョン「…そういうもんなのか?」
長門「間違いない。読んだ本に書いてあった」
キョン「…そ…そうか」


811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:08:37.17 ID:6r+GHps8O
朝倉「ん…んん…」
キョン「おっ、目を覚ましたみたいだな」
朝倉「………」
キョン「朝倉、大丈…」
朝倉「いやぁあああああ!こないでぇぇええ!」

キョン「…長門、話しが違うぞ」
長門「心理的外傷後ストレス障害」
キョン「…なんだそれ」
長門「トラウマ」


812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:10:31.04 ID:dfX5QnPKO
あさくらPTSDwwwwwwwww


817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:13:16.37 ID:6r+GHps8O
朝倉「…有希こわい…キョンこわい」

キョン「…あれは大丈夫なのか?」
長門「問題ない。私がつれて帰る」

朝倉「…鞭こわい…ロープこわい」

長門「とても興味深いデータもとれた」
キョン「そうか…」
長門「帰る」
朝倉「いゃああ!こないで!」
長門「帰る」
朝倉「いゃあああああああ!」


キョン「大丈夫なのかあいつら…」


895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:24:40.59 ID:6r+GHps8O
キョン「おい、長門」
長門「なに?」
キョン「朝倉は、あの後どうなったんだ?」
長門「彼女なら…」
朝倉「やっほー」
キョン「うわっ!朝倉…大丈夫なのか?」
朝倉「当たり前じゃない。
私は朝倉涼子よ」
キョン「なんだそれ…」
朝倉「とにかく…私はあのていどの事じゃ
どうにかなったりなんかしないってこと」
キョン「…そ…そうか、それは安心した」
長門「………」ゴソゴソ
キョン「ん?なにやってんだ長門」
長門「パスッ」ポイッ
キョン「おっとっと…ん?これは、鞭?」
朝倉「いゃああああああああああ!」
キョン「な!?なんだ!?」
長門「心理的外傷後ストレス障害はそんな甘いものじゃない」
朝倉「いやぁ!叩かないでぇ!叩かないでぇ!」
キョン「…別に説明するのに傷痕ほじくる必要なかったんじゃねえか?」
長門「……気づかなかった」


913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:42:10.34 ID:6r+GHps8O
朝倉「………」

キョン「…朝倉がさっきから隅っこから動かないんだが」
長門「そう」
キョン「そうじゃねえって。
一応、ああいう風にしたのは俺達なんだし」
長門「問題ない」
キョン「…ああもう……ん?
そういえば、朝倉はカナダだっけ?
行ったことになってるんんだろ?
学校にきてたら不自然じゃないのか?」
長門「帰ってきたことになってるはず」
キョン「…強引だな」


朝倉「…消えたい…消えたい」


915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:44:54.81 ID:6r+GHps8O
長門「そんなことはどうでもいい。
いつものを始める」
キョン「…朝倉は?」
長門「気にしないでいい」


ビシッバシッ
長門「………」ビクッビクッ

朝倉「いゃああああああああ!」


918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:50:56.15 ID:6r+GHps8O
キョン「な…なんでだ?朝倉には何もしてないぞ」
長門「今、目の前の行為により
前回、自分がされた行為がフラッシュバックしている」
キョン「な…大変じゃないか」
長門「そう」
キョン「どうするんだよ?
それじゃあもう何もできないだろ。俺は助かるけど」
長門「…確かに」


長門「………」
朝倉「…あ…有希」
キョン「おい、何をするんだ?」
長門「邪魔者は廃除する」
キョン「おい、待て!」


923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:54:46.46 ID:6r+GHps8O
長門「何故?」
キョン「いくらなんでも可哀相だろ?」長門「朝倉涼子は邪魔」
キョン「そんなのその時だけ外にだせばいいだけだろ?」
長門「…気づかなかった」


928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:59:05.51 ID:6r+GHps8O
朝倉「…こわい…こわい」

キョン「で、朝倉は大丈夫なのか?
これじゃあまともに高校生活おくれないぞ」
長門「それなら大丈夫。放っておけばなおる」
キョン「…んな無茶な」


十分後
朝倉「ふっかーつ!」
キョン「………」
長門「言った通り」
キョン「まぁいいか」


935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:05:29.71 ID:6r+GHps8O
キョン「そう言えば朝倉とは同じクラスだったけど…」
朝倉「その辺もぬかりはないわ。
今回もあなたと同じクラスにしといたから」
キョン「…そ…そうか、まあこれからもよろしくな」
朝倉「うん、よろしく」スッ
キョン「ん?握手?」
朝倉「そう、もう私たちは敵どおしじゃないからね」
キョン「お、おう、わかった。改めてよろ…」ギュッ
朝倉「いやぁああああああああ!はなしてぇぇえええ!」

キョン「…まて、握手を求めてきたのはそっちだろ」


938 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:11:55.76 ID:6r+GHps8O
キョン「……大丈夫なのか?」
朝倉「だから大丈夫だって」
キョン「…いや、さっきのは」
朝倉「ちょっとビックリしただけだって」
キョン「……そうか」
長門「そんな簡単なものじゃない」
キョン「うおっ、長門」
長門「何かを引き金に、いつフラッシュバックを起こしても不思議ではない」
キョン「そうか…じゃあ俺が気をつけてやったほうがいいな」
長門「別にそんなことをする必要はない」
キョン「いや、でも…」
長門「別にそんなことをする必要はない」


941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:20:01.55 ID:6r+GHps8O
朝倉「キョンくん?先生に頼まれごとされたんだけど
一緒にきてくれない?」
キョン「ん?ああ、いいぞ」
朝倉「ありがと」


キョン「いや、大変だな戻ってきてすぐなのに」
朝倉「まぁ、元委員長だからね。このくらいは」
キョン「で、何をすればいいんだ?」
朝倉「次の時間に使う教材をもってくるんだけど……」
キョン「どうした?」
朝倉「あ…あが…あああ…」
キョン「どうしたんだよ」
朝倉「ろ…ロープ…ロープこわい…ロープこわい…」
キョン「教材を縛ってたロープか…
朝倉、大丈夫だ。このロープは別に…」
朝倉「いやぁああああ!ほどいてぇええええ!」


947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:23:14.69 ID:6r+GHps8O
キョン「という事があってな」
長門「そう」
キョン「どうにかならないか?」
長門「いい考えがある」
キョン「なんだ?」
長門「朝倉涼子の存在そのものを…」
キョン「却下だ」


948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:28:47.07 ID:6r+GHps8O
キョン「朝倉?」
朝倉「なに?」
キョン「無理してんじゃないのか?」
朝倉「なにいってんの?全然大丈夫よ」
キョン「そうか……」
キョン「朝倉!」ガッ
朝倉「ひゃぁ!」ガタンッ

キョン「やっぱり…大丈夫じゃないな…」
朝倉「…あああ…う…あ…」


950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:33:05.39 ID:6r+GHps8O
キョン「なぁ長門」
長門「なに?」
キョン「もっと朝倉のことを助けてやってくれないか?」
長門「何故?」
キョン「いや…ああいう風にしちまった責任もあるけどさ…
仲間だろ?朝倉も」
長門「彼女は急進派」
キョン「いや、そんな派閥とかじゃなくてさ
もっとこう……あれだ…」
長門「…なに?」
キョン「友…達?かな」
長門「…友達」


952 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:37:09.49 ID:6r+GHps8O
長門「朝倉涼子」
朝倉「あ、有希」
長門「…あなたに聞きたいことがある」
朝倉「ん?」
長門「あなたは…私の友達?」
朝倉「…なんだ、そんなこと?」
長門「………」
朝倉「当たり前じゃない。有希は私の友達、親友だよ」
長門「…そう」
朝倉「どうしたの?そんなこと急に」
長門「なんでもない」


955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:46:33.81 ID:6r+GHps8O
その後、長門の協力もあり。
朝倉は無事に高校生活を送っていくことができた。
なんだかんだ言っても長門はたよりになるのだ。



……が問題が全て解決したわけではない

長門「もっと強く踏まないとだめ」
キョン「…………」
朝倉「いゃぁああ!いゃああ!」
キョン「朝倉がいつもの発作を…」
長門「問題ない…グリグリと踏みにじって」
キョン「………」グリグリ
朝倉「助けてぇ!助けてぇえええ!」



確かに高校生活は無事におくれていた。……ただし、放課後を除いての話しだ。
朝倉涼子の心傷










513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 14:54:15.20 ID:m0HKrLa80
長門「……叩いて」
キョン「いきなり何を言い出すんだお前は」
長門「私の思考に深刻なエラーが発生した」
キョン「……どうしてエラーが発生したら叩かにゃならんのだ」
長門「理由はある」
キョン「……一応聞こう」
長門「叩いて直す」


515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:00:34.45 ID:m0HKrLa80
キョン「まてまてまて! そんなに簡単なものなのか!?」
長門「違う」
キョン「……なら他に手段を考えるべきだと思うぞ」
長門「私を叩くこと。それがあなたが実行可能で最大の効果を発揮する可能性が高い」
キョン「しかし女の子を叩くというのは絵面的にもよろしくない」
長門「協力して」
キョン「いや、だから……」
長門「お願い」
キョン「……わかった」


517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:07:12.36 ID:m0HKrLa80
キョン「しかし、叩くといってもどこを叩けばいいんだ?」
長門「この場合、頭部への衝撃が最適だと思われる」
キョン「頭はまずいだろ……」
長門「駄目?」
キョン「もうちょっとソフトな所で頼む」
長門「なら……ここ」
キョン「腕か。シッペでいいか?」
長門「構わない」
キョン「……それじゃあいくぞ」
ヒュンッ、バシイッ!
長門「っ!」


519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:13:36.01 ID:m0HKrLa80
キョン「おい長門、大丈夫か!?」
長門「……一瞬意識が遠くなった」
キョン「すまん、もう少し手加減するべきだったか……」
長門「有機生命体が出すダメージとしては最大に近い威力」
キョン「ああ、この前谷口なんか気絶してたからな」
長門「……」
キョン「よし、次はもう少し手加減するぞ」
長門「構わない。全力できて」
キョン「……いいのか?」
長門「それが問題の解決に繋がる」
キョン「……意識、しっかり繋ぎとめておけよ」


522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:24:09.03 ID:m0HKrLa80
キョン「……ぃ……ろ!」
長門「う……あ……」
キョン「おい長門! しっかりしろ! 大丈夫か!?」
長門「……平気」
キョン「やっぱり手加減した方が……」
長門「私の心配ならいらない」
キョン「だけど、もう腕が真っ赤になってるぞ」
長門「構わない」
キョン「それにしても痛そうだな」(つん
長門「かまわな……!?」(ビクン!
キョン「痛いならやめるか?」(つん、つん
長門「っ!……っ!」(ビクン!ビクン!


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:31:20.68 ID:m0HKrLa80
キョン「……やっぱり痛いんじゃないか」
長門「多少」
キョン「叩くだけよりも……」
長門「?」
キョン「叩いた場所を指先で優しくなぞる方が効くと思うぞ」(すうっ……
長門「ぅ……ぁ……!」(ビクビクン!
キョン「むき出しの神経を触られてるみたいだろう?」
長門「……確かに」
キョン「ちなみに国木田はこれで射精してたな」
長門「その情報には興味がない」


526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:38:23.19 ID:m0HKrLa80
キョン「しかし、これ以上腕を叩くわけにはいかんな」
長門「どうして?」
キョン「皮の厚い部分じゃないと、エラーを直す前にダメージが大きすぎる」
長門「皮が厚ければ問題はない?」
キョン「ああ……って! どうしてパンツを脱ぐんだ!?」
長門「皮の厚い部分を露出させたまで」
キョン「いいか、スカートは脱ぐなよ!」
長門「どうして?」
キョン「パンツを脱いでるんだから見えるだろうが馬鹿野郎!」


527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:44:28.42 ID:m0HKrLa80
長門「見えても私は構わない」
キョン「こっちは構うんだよ!」
長門「なら仕方ない」
キョン「わかってくれたか……って、どうしてくっついてくるんだ?」
長門「正面からの密着状態なら、見える心配はない」
キョン「確かにそうだが……」
長門「続けて」
キョン「……とりあえず、耳元でささやくな」


529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 15:49:57.85 ID:m0HKrLa80
キョン「しかし、一体俺は何をしているんだ……」
長門「密着状態の私のスカートをまくって、臀部を露出させている」
キョン「解説するな」
長門「……叩いて」
キョン「本当にいいんだな?」
長門「……叩いて」
キョン「二回言う程大事なことか?」
長門「そう」


530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 16:00:08.11 ID:m0HKrLa80
長門「っ……っつ!」
キョン「痛いか?」

バシイッ!

長門「……問題……ない」
キョン「こっちは顔が見えないから表情がわからんのだ」

バシイッ!

長門「っ!!……大丈夫」
キョン「やめて欲しくなったらすぐ言え……よっ!」

バシイッ!!

長門「くあっ!?」
キョン「だ、大丈夫か!?」
長門「……大丈夫」
キョン「そろそろやめた方がいいだろ」
長門「……叩いて」
キョン「いや、しかしだな」
長門「お願い」
キョン「涙目で懇願するな。それに顔が近い」
長門「すまない」
キョン「……いや、悪くない」


532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 16:11:44.32 ID:m0HKrLa80
キョン「まだっ……エラーは……直らないのかっ!?」

バシイッ! バシイッ! バシイッ!

長門「もう……すぐっ……もう……もう!」
キョン「うおおおりゃあああああああああっ!!」

バシイイイッ!!

長門「???っ!!」

プッ、プシイッ!……シャアアア???ッ……

キョン「ぬおおっ!?」
長門「ぁ……ぁぁ……」


534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 16:16:56.24 ID:m0HKrLa80
キョン「まさか俺が片付けをするとは思わなかったぞ」
長門「面目ない」
キョン「……気絶しながら漏らすなよ」
長門「次は気をつける」
キョン「次って、またやるのか!?」
長門「エラーは直っていない」
キョン「あそこまでやって直らないのか」
長門「むしろ、そのエラーが大きくなった」
キョン「……一つ聞くが、そのエラーの内容は?」

長門「あなたに叩かれたい」


590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 19:31:07.43 ID:m0HKrLa80
長門「……叩いて」
キョン「またか」
長門「……叩いて」
キョン「人に頼みごとをしながらパンツを脱ぐな!」
長門「いつものように」
キョン「抱きしめながら尻を叩けばいいんだな?」
長門「そう」
キョン「しかし、こんなことをしてエラーが直るのか?」
長門「わからない」
キョン「そうか、わからないかっておい!?」
長門「しかし、エラーによる異常行動を抑えることは出来る」
キョン「……やるしかない、か」
長門「……叩いて」
キョン「やれやれ、こんな姿誰にも見せられんな」
長門「……」


592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 19:37:18.81 ID:m0HKrLa80
長門「今日はいい物を用意した」
キョン「なんだその不吉な感じしかしない単語は」
長門「これ」
キョン「これは……耳栓?」
長門「そう」
キョン「これを俺がすればいいのか?」
長門「察しが早くて助かる」
キョン「しかしなんでまた」
長門「あなたは私の声が聞こえると手加減する傾向がある」
キョン「それは男として当然だろう」
長門「だから、それを付ければ手加減はしない」
キョン「まぁ、表情もしがみつかれたら確認できないからな」
長門「それともう一つ頼みが」
キョン「なんだなんだ、これ以上また何かあるのか?」
長門「今日は、あなたは窓の方を向いて欲しい」
キョン「そりゃまたどうして?」
長門「お願い」
キョン「理由はわからんが必要なことなんだな?」
長門「そう」
キョン「わかった」

長門「……」


595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 19:45:01.28 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「キョン、有希、またせたわね!」

バタンッ

キョン「どうだ、これで、いいのか!?」

バシイッ! バシイッ!

長門「い、いっ!……も、っと」(コクコク
キョン「全く聞こえんが頷いたな? もっと力を込めるぞ!?」
長門「っ!っ!」(コクコク

バシイィッ! バシイィッ!!

キョン「どうだ!? これでいいか!?」
長門「か……は……」(コクコク
キョン「俺のシッペがいいのか!?」
長門「い、いぃっ!」


ハルヒ「…………な、何やってんのアンタ達いっ!?」


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 19:52:06.63 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「ちょっとキョン! 無視してないでこっち向きなさいよ!」

バシイッ! バシイッ!

キョン「ちゅあああっ!!」
長門「ひっ! ぅあ!」
ハルヒ「い、今助けるからね!」

長門「……だ……め」

ハルヒ「……えっ?」
長門「これ、っは! わたしが、のぞ、んだこ、っと!」
キョン「ぜいはああああああっ!」
ハルヒ「ちょ、ちょっと何言ってるの!?」

バシイイイッ! バシイイイッ!

長門「それ、にいっ! あと、もう……少しっ、で」
ハルヒ「な、何? あともう少しでなんなのよっ!?」

キョン「むろふしゃああああああああ!!!」


609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 19:57:45.97 ID:m0HKrLa80
ズバシイイッ!!

長門「か……は……!」
キョン「はぁ、はぁ……どうだ? これで十分か?」
長門「問題……ない」(コクリ…
ハルヒ「もう終わった!? 話を聞かせてもらうからね!」

長門「まだ駄目」

ハルヒ「えっ?」
キョン「あとは叩いたところを指先で撫でるだけか」
長門「……そう」(コクリ
キョン「今日は我慢しろよ」
ハルヒ「今日は、って……? アンタ達いつもこんなことしてたっていうの!?」
長門「黙って見ていて」
ハルヒ「黙ってられる訳ないじゃない! そ、それに我慢ってなんのこと!?」
長門「……見ていればわかる」


613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:02:28.95 ID:m0HKrLa80
キョン「それじゃ……やるからな」
長門「どんとこい」(コクリ
ハルヒ「ちょっと、何言って……」

つつうっ……

長門「うああっ!」(ビクンッ
ハルヒ(なんなのよあの表情……普段大人しい有希があんなになるなんて……)
長門「ぅくっ!」
キョン「……やっぱり無理だったか」

ぷしっ……しゃあああぁーーー……


615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:07:45.44 ID:m0HKrLa80
長門「ぁ……ぁ……」
キョン「やれやれ、またズボンがずぶぬれだ」
ハルヒ(何よ何よ……なんなのこの状況は!?)

しゃあああっ……ちょっ……ちょろっ……

長門「……ぅ」
ハルヒ「……こ、この変態!?」
長門「どうして?」
ハルヒ「どうして、ってこんなことするのは変態に決まってっ……」
長門「なら、変態で構わない」
ハルヒ「こんなこと、即刻やめるべきよ!」

長門「こんなに気持ちいいのに?」


619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:12:34.48 ID:m0HKrLa80
キョン「……もう出きったか?」
長門「アナタも体験してみればわかる」(コクリ
ハルヒ「何……言ってるのよ……?」
キョン「そろそろこの耳栓はずしてもいいか?」
長門「彼に臀部を叩かれ、甘い痛みを感じながらの放尿」
ハルヒ「巻き込むつもり!?」
キョン「お?い、聞いてるか長門??」

長門「やめられない……不思議」
ハルヒ「!!」

キョン「……とにかく耳栓はずすからな」


620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:17:41.85 ID:m0HKrLa80
キョン「……お前、我慢するつもりなかっただろ?」
長門「そんなことはない」
キョン「いや、今日はいつもより出た気がするぞ」
長門「それは気のせい」
キョン「そうかい」
長門「そう」
キョン「とりあえず、今日はこれでいいか?」
長門「感謝する」
キョン「全く、やれやれだ」
長門「また明日もお願い」
キョン「……やれやれだ」
キョン「……ん? ドアが開いてる?」
長門「あなたのシッペの衝撃で開いた」
キョン「そんな馬鹿な!?」
長門「間違いない」
キョン「恐るべし俺のシッペ……」


623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:25:52.85 ID:m0HKrLa80
キョン「どうした、いつもより不愉快な表情をしているぞ」
古泉「心配してくれて嬉しいですよ、キョン君」
キョン「誰も心配なんぞしとらん。また何かあったのか?」
古泉「いえ、それが不可解なことが起きましてね……」
キョン「不可解?」
古泉「ええ、昨日閉鎖空間が発生したんですがね」
キョン「何っ!?」
古泉「不可解なのは、その閉鎖空間での神人のことなんです」
キョン「いいから話せ!」
古泉「慌てないでください。……まず、色がピンク色と黄色が混じっていたんです」
キョン「……なんだその配色は」
古泉「そして、なんと神人は自分の尻にあたる部分を自ら叩いていたんですよ」
キョン「そりゃまたびっくりするほどユートピアだな」
古泉「何か心当たりはありませんか?」
キョン「いや、昨日は放課後ハルヒは部室に来なかったからな」
古泉「ふむ……困ったものです」
キョン「やれやれだな」


628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:30:48.80 ID:m0HKrLa80
キョン「どうした、こんな時間に部室に呼び出して」
ハルヒ「いいからこっちの質問に答えなさい!」
キョン「もうすぐ昼休みが終わるぞ」
ハルヒ「いいからっ!」
キョン「やれやれ。……で、一体何を聞きたいんだ?」
ハルヒ「あ、あんたと有希って付き合ってるの!?」
キョン「は? そんなことはないぞ」
ハルヒ「へっ?」
キョン「一体お前が何を勘違いしたかしらんが、そんな事実は毛頭ない」
ハルヒ「でも……だって……え?」


632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 20:36:50.88 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「じゃ、じゃあなんで有希のお尻を叩いてたわけ!?」
キョン「なんと! お前見てたのか!?」
ハルヒ「付き合ってないのにあんなのおかしいじゃない!」
キョン「いや……あれは……」
ハルヒ「付き合ってない子のお尻をアンタは叩けるの!?」

キョン「……そうだ」

ハルヒ「!?」
キョン「あれは必要なことだった」
ハルヒ「ちょっと、アンタ自分が何言ってるかわかってるの!?」
キョン「無論!」
ハルヒ「……じゃあ」
キョン「あの行為にやましい感情は一切ない、それは断言出来る……って何だ?」

ハルヒ「……叩いて」


おわり


647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:03:04.27 ID:m0HKrLa80
キョン「……というようなことがあった」
長門「そう」
キョン「そろそろやめた方がいいな」
長門「………………どうして?」
キョン「丁度昼休みのチャイムが鳴って逃げられたものの、次に見られたら誤魔化しがきかないからだ」
長門「問題ない」
キョン「問題大有りだろうが!」
長門「問題があるとすれば、あなたが涼宮ハルヒを叩かなかったこと」
キョン「いや、俺がハルヒの尻を叩く理由がないだろ」
長門「理由ならある」
キョン「……言ってみろ」
長門「彼女がそれを望んでいる」
キョン「しかしだな……」
長門「あなたは世界のために涼宮ハルヒの尻を叩くべき。勿論私も含めて」
キョン「いや、だから……」

長門「……叩いて」


657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:20:15.56 ID:m0HKrLa80
>>647続き

キョン「……本当にやれやれだ」
ハルヒ「ちょっとキョン! アンタ一度に二人も叩けるの?」
長門「彼ならやれる」
キョン「なんの信頼なんだろうね、全く」
ハルヒ「で、でもお尻を見られるのはさすがに恥ずかしいわね……」
長門「私は構わない」
キョン「いくら俺でも二人をいっぺんに抱きかかえるのは無理だぞ?」
ハルヒ「う?ん……あ、いいこと思いついたわ!」


662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:25:14.77 ID:m0HKrLa80
キョン「なるほど、二人ならんで机に乗って尻を突き出す、か」
ハルヒ「名案でしょ!」
長門「悪くない」
キョン「しかし、何故俺が椅子に拘束されにゃならんのだ!?」
ハルヒ「興奮したアンタが変なことしないためよ」
長門「私は構わない」
キョン「しかし目隠しというのは……」
ハルヒ「これでパンツを脱いでも見られる心配はないわ!」
長門「むしろ見られたい」
キョン「……はぁ、これで耳栓をすればいいんだな?」
ハルヒ「べ、別に私は声を聞かれても恥ずかしくないんだけど有希のためよ!」
長門「聞こえない方が手加減がなくていい」

キョン「……やれやれだ」


665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:30:28.09 ID:m0HKrLa80
キョン「うお、手しか自由にならないのは想像以上に恐いぞ!?」

ハルヒ「ど、ドキドキしてきたわ」
長門「そう」
ハルヒ「気持ち良い……のよね?」
長門「不思議な位」

キョン「むぅ……何も聞こえん」

ハルヒ「や、やっぱり見られながらの方が良いものかしら?」
長門「わからない。この様な試みは初めて」
ハルヒ「そ、そう……」

キョン「尻の場所は……ここか?」

ぬむっ

ハルヒ「ふあっ!?」
長門「っ!?」

キョン「こわっ! な、なんか指が刺さったぞ!?」


672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:35:40.23 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「ちょっとキョン! お尻に指を入れるなんて聞いてないわよ!?」
長門「……ユニーク」

キョン「尻の位置はここか」

ハルヒ「ちょっと! 無視しないでよ!」
長門「仕方ない」
ハルヒ「仕方なくないわよ! キョン、次にやったら死刑だからね!」
長門「耳栓をしているから伝わっていない」
ハルヒ「あ、そっか……」

キョン「うし、いくぞ?」

ハルヒ「は、はやく……しなさいよ……」
長門「意識をしっかりもって」
ハルヒ「え?」

バシイイッ!

ハルヒ「ひぎっ!!?」
長門「っ!」


679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:44:23.10 ID:m0HKrLa80
キョン「こんなもんでいいか??」

ハルヒ「……」
長門「涼宮ハルヒの意識の喪失を確認。痛みで気絶したと思われる」

キョン「一度耳栓をはずして意見を頼む」
すぽんっ
長門「問題ない」
キョン「本当か? 振り切れるからいつもより威力が出てると思うんだが……」
長門「……叩いて」
くいっ

キョン「もう会話は終わりか……」

ハルヒ「……」
長門「涼宮ハルヒの口から唾液がこぼれているが問題ない」

キョン「んじゃ次いくぞ?」

ハルヒ「……ぁ……もしかして気を失って……」
長門「またくる」
ハルヒ「え、ちょっとま」

バシイイイッ!

ハルヒ「ひはあああっ!!?」
長門「???っ!!」


692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:57:05.92 ID:m0HKrLa80
バシッ! バシッ! バシイイッ!

ハルヒ「あぎっ、いた、も、やめっ……!」
長門「っ! っぅ! ぅ、っっっ!」
ハルヒ「あひっ、ひっ、ぎぃっ」
ぷしゃっ、しゃっ、ぴゅるっ

キョン「……どうだ? 多少は手加減してるがこんなもんでいいか?」

ハルヒ「も……やめ……」
ちょろろろろ……
長門「はぁ……はぁ……」
ハルヒ「おねが……キョン、に……やめるよう……に」
長門「……わかった」
ハルヒ「ありが、と……痛くて……動けな……」

すぽんっ
キョン「お、こんなもんでいいか?」
長門「手加減なしでいい」
くいっ

ハルヒ「……え?」
長門「頑張って」
ハルヒ「い、いや……だ……」

バシイイイッ!!

ハルヒ「めえええっ!!」
長門「はあっ!」


704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 22:11:23.51 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「……ぁ……っぅ……」
長門「……がんば、った」
ハルヒ「ひぉ……ぃぉ……やめ……へっれ……」
長門「まだ……残ってる……」
ハルヒ「へぁ……?」

キョン「そろそろアレやるぞ?」

ハルヒ「ふぁ……っ?」
長門「」

さわさわっ

ハルヒ「うああっ、そ、そんらにやさしくさわったひゃ!」
長門「うくあっ!」

ぷしゅるっ! ちょろっ、しゃあああ???っ……

キョン「おい、ちょっと勢いを弱めてくれ!」

ハルヒ「むりぃ、むりいいっ!」
長門「うぁ……はあっ……」

キョン「これだと両脚にかかるんだよおっ!」


711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 22:21:42.13 ID:m0HKrLa80
ハルヒ「全く! まだお尻がヒリヒリするわ!」
キョン「ああ。バニーの衣装だから赤い尻が見えてるぞ」
ハルヒ「なっ、ちょっと! どこ見てるのよ!?」
長門「私は別に見られても構わない」
ハルヒ「駄目よ有希! そんなこと言ったら調子にのるわ」
キョン「全く……こっちはお前らのせいで制服がグショグショになっちまった」
ハルヒ「だ、だって仕方ないじゃない!///」
長門「仕方ない」
キョン「お前らはそれがあるからいいが、俺なんかパンツ一丁なんだからな!」
ハルヒ「べ、別にこっちだってアンタの裸なんて見たくもないわよ!」
長門「なら、私もあなたと同じ恰好になる」
キョン「いや、そういう問題じゃなくてだな……っておい! 本当に脱ぐな!」
ハルヒ「ゆ、有希が脱ぐならこっちだって!」
キョン「ええい、お前も対抗するな!」

みくる「こ、これはなんの騒ぎですか……?」

おわり


732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 22:44:30.40 ID:m0HKrLa80
ガチャッ

キョン「おっす……」

ぐにっ

長門「うゔっ!」
キョン「な、長門!? なんでそんな所に寝転がってるんだ!?」
長門「……ここにいればあなたが踏んでくれると思った」
キョン「い、今どくz」

ぐにいっ

古泉「ふん゙も゙っふ!」
キョン「……一応聞こうか」
古泉「キョン君があとずさったらここを踏むと思って……」
キョン「ああ、そうかい」

ぐりぐりぐり

古泉「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ、セガンドレ゙イ゙ドオ゙ッ!!」
長門「待って、あなたは私を踏むべき」


747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:02:41.80 ID:m0HKrLa80
キョン「それにしても久しぶりに二人だけだな」
長門「確かに」
キョン「それにしてもあの時はうまく誤魔化せたな」
長門「……」
キョン「……朝比奈さんを巻き込む展開だと思ったが」
長門「朝比奈みくるを叩く必要がない」
キョン「いや、俺は天使のような朝比奈さんを叩くという背徳的な行為をだな……」
長門「情報統合思念体は朝比奈みくるに興味がない」
キョン「ああ、そうかい」
長門「そう」
キョン「とりあえずどうする?」
長門「……叩いて」
キョン「はいよ」

長門「……縛ってから」


750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:06:47.73 ID:m0HKrLa80
キョン「おい、よくわからんが胸にひっかけるらしいぞ」
長門「そう」
キョン「いや、ひっかからないんだが……」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「……努力しよう」


754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:11:56.98 ID:m0HKrLa80
キョン「こんなもんか?」
長門「もっときつくして」
キョン「はいよ」

ギリギリ……

長門「っふ!」
キョン「おい、大丈夫か?」
長門「……構わない。もっときつく」
キョン「いや、これ以上は……」
長門「お願い」
キョン「……やれやれ」

ギチイイッ!!

長門「っはぁ!」
キョン「これ以上は無理だからな」
長門「……一つ問題がある」


757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:18:52.13 ID:m0HKrLa80
キョン「どうした、やっぱりきつかったか?」
長門「違う」
キョン「なら何だ?」
長門「パンツを脱ぎ忘れた」
キョン「……」
長門「そこにハサミがある」
キョン「……それで俺にどうしろというんだ?」
長門「ハサミでパンツを切って脱がせて欲しい」
キョン「いや、そもそも縛ってるのも制服の上からだしパンツに拘る理由が……」
長門「駄目?」
キョン「駄目というかそれこそ得意の情報操作とやらでだな……!」
長門「……お願い」

キョン「ああもう! やってやるよコンチクショウ!!」


766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:26:11.16 ID:m0HKrLa80
ショキン……

長門「んっ」
キョン「ど、どうした!?」
長門「ハサミが当たって冷たかっただけ。問題ない」
キョン「そ、そうか……」

ショキン……

キョン「それじゃ取るぞ」
長門「わかった」

スルッ

キョン「……これでいいんだな?」
長門「問題解決」

ピョンッ!

キョン「うおっ!?」
長門「くふっ!」
キョン「な、なんでジャンプした!?」
長門「股間部への縄の食い込み具合を確かめた」
キョン「今の状態でやる必要があるか!? スカートがめくれて見えそうだったじゃねぇか!」
長門「それも狙い」


835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:27:50.61 ID:vd1/5d//0
>>766続き

キョン「……これでジャンプ出来ないだろう」
長門「確かに」
キョン「見ないように脚を縛るのは苦労したぞ」
長門「そう」
キョン「俺だって健全な男子だ。歯止めがきかなくなったら色々大変だろう?」
長門「一般的には、全身を拘束して下着を穿いていない女子を前にしたほうが歯止めがきかなくなると思われる」
キョン「ああ、そうだな」
長門「……そう」
キョン「しかし、どこを叩けばいいんだ?」
長門「臀部」
キョン「なら、今日は俺も床に座らないと危ないな」
長門「協力的で助かる」
キョン「はいよ」
長門「あと、机の上にある物もつけてほしい」


836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:28:51.17 ID:vd1/5d//0
キョン「……これはなんだ長門?」
長門「ギャグボール」
キョン「なんでこんなもの持ってるんだ?」
長門「情報操作をすれば入手は容易い」
キョン「冗談だろ?」
長門「ギャグ」
キョン「縄はともかくこれは……」
長門「駄目?」
キョン「いや、そういう意味じゃないんだが俺の理性とかが……」
長門「望むところ」
キョン「望むところじゃないだろ!?」
長門「……お願い」
キョン「もうどうにでもな?れ」


837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:29:45.52 ID:vd1/5d//0
長門「……ふぁふぁいへ」
キョン「叩いて?」
長門「ほう」(コクリ
キョン「んじゃいくぞ……」

バシイッ!

長門「ほおっ!」
キョン「うおっ!?」
長門「……ふふへへ」
キョン「だ、大丈夫なのか?」
長門「ほんはいはい」(コクリ
キョン「何言ってるかわからんが……続けるんだな?」
長門「ほう」(コクリ

バシイッ!

長門「ほああっ!」


893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:19:38.45 ID:vd1/5d//0
>>837続き

キョン「な、長門!?」
長門「ひふほはほえほははんひへひははへ」
訳 『いつもは声を我慢していただけ』
キョン「……本当に平気か?」
長門「ひょうふぁほうふほふはっはふぇんはいへひはほうふぃ」
訳 『今日は道具をつかった変態的な行為』
キョン「う?ん……」
長門「ふぁふほーふへほへはへへふぃふぁふふふぃ、ほふふんふぉふぉふぉひひふぉへひはははい」
訳 『ギャグボールで声が出てしまうし、興奮も大きいので仕方ない』

キョン「何を言ってるかさっぱりだし、涎ダラッダラ流れてるぞ」

長門「……ほう」
キョン「とりあえず続けていいのか?」
長門「ははふぁはい」(コクリ

983 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 03:22:18.18 ID:vd1/5d//0
ここで投下するとは思うまい
>>893続き

長門「ほおああっ!!」
キョン「……」
長門「……?」
キョン「大変だ長門」
長門「ふぁふぃ?」
キョン「俺もエラーが発生した」
長門「ふぉう」
キョン「こいつをどう思う?」

ギンッ! ギンッ!

長門「ふほふ……ふぉふぉひいれふ……」
キョン「全身縛られて尻叩かれて涎垂らしてる女子を前にして冷静でいられる野郎はいないんだ」
長門「ぷはっ……つまり?」
キョン「や ら な い か ?」
長門「それは交配をという意味?」
キョン「へ? あ、ああ、そういうことになるな」
長門「私は構わない。しかし、条件がある」
キョン「聞こう」

長門「……優しくして」

おわり!









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ch4u.blog120.fc2.com/tb.php/87-f6acf5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。