スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水銀燈「な、なによこのクラス分け……」

rz01

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:03:04.68 ID:oHlkNN/j0
水銀燈「知り合いが誰もいない……」
男子「おーっす! お前進級できたのなwwww」
男子「うるせえよwwww」
女子「おはよー! 同じクラスだねー」
女子「だねーwやったw」
水銀燈「……一年のときから同じクラスの人達はもうグループ作ってるのねぇ……一年の最初の頃とは全然違うわね」
男子「ガヤガヤwww」
男子「ドヤドヤwww」
女子「キャハハハww」

水銀燈「……ポツン……」

名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:03:57.96 ID:mGJhd3RVO
ざまあwwwwww


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:04:23.59 ID:LpNCpQuGO
俺「俺がいるよ!」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:04:59.02 ID:Ome3rPAZ0
>>4
周り「くすくす・・・なにあれ・・・」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:07:24.44 ID:onE25ajeO
水銀燈「・・・」


男子A「こいつ本当は起きてんじゃね?wwwwww」

男子B「ちょっとつっついてみろよwwwww」

男子A「おらおらwwww」チョンチョン

水銀燈「(くっ・・・)」

男子B「絶対起きてるってこいつwwwwww」
男子A「寝たフリもいい加減にしろよオラオラwwwwwww」

水銀燈「(何でこんな事に・・・)」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:09:46.72 ID:DN3j7+C80
>>10
やめてくれwwwwwwwwwwせっかく忘れてたのにwwwwwwwwwww


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:09:48.22 ID:oHlkNN/j0
水銀燈「授業が終わっちゃった……」
男子「やっと終わったぜー!」
男子「トランプやろうぜ!」
女子「ねえねえ今の授業さあ」
女子「だよねー!wwww」
水銀燈「……ふん、休み時間なんて、10分もいらないのよぉ。次の時間の準備でもしとこぉっと」
クラス「ガヤガヤwwwwww」
クラス「ドヤドヤwwwwww」
水銀燈「……ふ、ふん。本当におばかな連中だわ……私はちゃんと大学目指してるんだし、二年生からはまじめにしようかしら。じゃ、じゃあ次の時間の教科の予習でもしておきましょ」
男子「ギャハハ!」
女子「キャハハ!」
水銀燈「……周りから孤独なヤツって思われてる気がする……視線を感じる……馬鹿にされてる気がする……」
クラス「ガヤガヤwwwww」
水銀燈「……寝たふりしよぉ……」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:11:28.97 ID:oHlkNN/j0
キーンコーンカーンコーン
水銀燈「はあ……お昼休みになっちゃったわぁ……」
女子「ねえ、早くご飯食べよ!」
女子「おなかすいちゃったあw」
女子「食べよ食べよ!」
水銀燈「……ふん、なによ、群がっちゃってばかみたぁい……もう寝ようっと」
女子「ねえねえ、あそこの水銀燈さ、いっつも休み時間寝てない?」
女子「だよねだよね。夜更かししすぎ?」
女子「友達いなかったりしてwwww」
女子「キャハwwwうけるwww」
水銀燈「…………なによ。ふん、別に眠くないわよ……寝てるフリよ……」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:12:49.69 ID:9GbzbAlD0
これなんて俺?


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:16:49.68 ID:oHlkNN/j0
真紅「水銀燈、遊びに来てあげたのだわ」
水銀燈「真紅!? あ、ええ、いらっしゃい真紅。何か用かしらぁ?」
真紅「別に用はないのだけど、寝てたようだし、お邪魔だったかしら?」
水銀燈「そ、そんなこと無いわよ! あれは寝たフリ――ゲフンゲフン! あ、あなたのせいで眠気も無くなっちゃったし、しょうがないから貴方のお相手をしてあげてもいいわよぉ?」
真紅「そう。それにしてもここ一年生の頃のクラスメイトが一人もいないのね。友達はできたのかしら?」
水銀燈「――――――――もちろんよ。初日にもう大勢できたわぁ。ま、当然よね」
真紅「そう、それはよかったわね」
水銀燈…………そ、そういう貴女はどうなのよぉ真紅?」
真紅「私? 私は翠星石と雛苺と同じクラスだから大丈夫よ。他にも数人と仲良くしているわ」
水銀燈「へ、へえ……あなたにしてはまあまあね」
真紅「そうね。じゃあ私クラスに戻るわ」
水銀燈「あ、ちょ、ちょっと待ちなさいよぉ!」
真紅「? どうかしたのかしら?」
水銀燈「え、ええと…………きょ、今日はなんだか曇り空で嫌ねえ?」
真紅「? ええ、そうね。確かに」
水銀燈「うん……」
真紅「…………?」
水銀燈「…………」
真紅「……水銀燈?」
水銀燈「……私も暇だし、特に用事が無いんなら……もう少しいなさいよ……」
真紅「……?」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:16:59.11 ID:onE25ajeO
先生「えー、じゃあこの式を・・・水銀燈、解いてみて」

水銀燈「・・・はい。」

水銀燈「ここをこうして・・・」

水銀燈「答えは3xです」


男子「聞こえませーんwwwww」

水銀燈「くっ・・・」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:19:23.90 ID:adxgZTIQO
銀様…

見るに堪えないので俺は他スレに逃げるよ


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:20:51.61 ID:7uD/CAjgO
先生「えー、じゃあこの式を・・・水銀燈、解いてみて」

水銀燈「・・・はい。」

水銀燈「ここをこうして・・・」

水銀燈「答えは3xです」


男子「聞こえませーんwwwww」

水銀燈「くっ・・・」


俺「補聴器買って来い!!カス共」


水銀燈「俺くん…////」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:20:54.60 ID:oHlkNN/j0
担任「よし、じゃあ皆が進級して一週間近く経ったけど、改めて自己紹介をしてもらおうか」
水銀燈「こ、これだわ! ここでなにか印象に残るようなことをすれば……!」
担任「出席番号順に言っていってくれ。じゃあまずお前」
男子「はーい。ウィルスミスでーす!」
男子「ギャハハハ! どこがだよ!」
女子「アハハ! ○○君おもしろーいwww」
水銀燈(水銀燈でーす♪ 趣味は親孝行でーす♪ 彼女募集中でーす♪ えーっとお、皆さんとお、すっごく仲良くしたいでーす♪ ――よし)
男子「△山◇男です。よろしくおねがいします」
担任「よし、次のヤツ」
女子「はい。○山○子です。趣味は――」
水銀燈「水銀燈でぇす……趣味は……皆さんと仲良く……」ボソッ
担任「よし、じゅあ次」
水銀燈「は、はい! あ、えっと……」
水銀燈(趣味……! 皆さんと仲良くしたいです……!)
水銀燈「え、えっと……水銀燈です……」
水銀燈(皆さんと仲良く!)
水銀燈「…………よ、よろしく……おねがいします」
担任「うむ、じゃあ次」
男子「はーい! セガールでーす!」
クラス「ギャハハハハ!」

水銀燈「……なによ。自己紹介なんて、全然する意味ないわぁ……グス」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:22:42.57 ID:/+7HHspwO
こんな思いをするのは俺だけで充分だ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:22:45.05 ID:E6xbZl9DO
安寧の地、図書室編はまだでぃすか?


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:24:02.10 ID:oHlkNN/j0
授業中
教師「えーつまりだなあ、ここがこうなって……」
水銀燈「…………」(真剣)
コロン
水銀燈「あら? 消しゴムが私の足元に」
サッ
水銀燈「えっと……(あ、後ろの子のか……)」
女子「ありがとぉ」
水銀燈「え、あ、うん……」

水銀燈(今のは……好感触? もしかしてこの子と友達になれる? いや、でもまだ消しゴムを拾っただけだし……でも、少しは前進したような……)



俺「結局こういうときって相手は俺のことたいしてどうとも思ってないんだよな……」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:25:16.01 ID:7uD/CAjgO
担任「よし、じゃあ皆が進級して一週間近く経ったけど、改めて自己紹介をしてもらおうか」
水銀燈「こ、これだわ! ここでなにか印象に残るようなことをすれば……!」
担任「出席番号順に言っていってくれ。じゃあまずお前」
男子「はーい。ウィルスミスでーす!」
男子「ギャハハハ! どこがだよ!」
女子「アハハ! ○○君おもしろーいwww」
水銀燈(水銀燈でーす♪ 趣味は親孝行でーす♪ 彼女募集中でーす♪ えーっとお、皆さんとお、すっごく仲良くしたいでーす♪ ――よし)
男子「△山◇男です。よろしくおねがいします」
担任「よし、次のヤツ」
女子「はい。○山○子です。趣味は――」
水銀燈「水銀燈でぇす……趣味は……皆さんと仲良く……」ボソッ
担任「よし、じゅあ次」
水銀燈「は、はい! あ、えっと……」
水銀燈(趣味……! 皆さんと仲良くしたいです……!)
水銀燈「え、えっと……水銀燈です……」
水銀燈(皆さんと仲良く!)
水銀燈「…………よ、よろしく……おねがいします」
担任「うむ、じゃあ次」
俺「聞こえませんー」

水銀燈「俺くん…////」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:26:00.55 ID:eQkIV1040
>>56
お前いい加減にしろw

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:27:05.74 ID:ljJnM07GO
蒼は友達多そうだな


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:31:50.40 ID:JnOAbYmJ0
俺が銀様を救う・・・・!

ジャンク・ダルクに俺はなる!!!!!!!


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:33:44.64 ID:WMiPTKvTO
水銀燈「出だしが肝心なのよねぇ…今回はいじめられないようがんばるわぁ…」
先生「よし、転校生を紹介する。名前をかけ」
水銀燈「あ…はいっ…(ぷるぷる…あ、手が震え…る)水銀…ボソッ…です」
クラス「せんせー!字が小さすぎて読めませーん!!」
水銀燈「くっ…!」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:34:34.04 ID:onE25ajeO
先生「なんだ水銀燈、教科書忘れたのかぁ
・・・じゃあ隣の人に見せてもらいなさい」

水銀燈「・・・はい。」

水銀燈「あの・・・きょ、教科書を・・・」
女子A「あ、教科書ね!いいよ私の使ってっ」

水銀燈「あ、ありがとう・・・(この子、結構気さくだわ・・・
もしかするとここから友達に・・・)」

女子A「よいしょっと」
ガラガラガラ

水銀燈「あ、あれ・・・机くっつけないと一緒にみれな・・・」

女子A「あ、私は友達に見せてもらうからそれは一人で使ってていいよ?」

水銀燈「あ・・・そう・・・」

水銀燈「・・・」

女子A「(こうやって勉強するの久しぶりだね!)」ヒソヒソ
女子B「(なんかたまにこうして勉強すると楽しいよねw)」

先生「こらそこーぺちゃくちゃ喋んなよー」
女子A&B「はーい」


水銀燈「・・・なんなのよぉ・・・」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:37:45.70 ID:oHlkNN/j0
真紅「あら、水銀燈?」
翠星石「あ、ほんとですぅ、まーたきやがったですぅ」
雛苺「おーい、水銀燈ぅー! こっちきてお話しよー!」
水銀燈「も、もう、なによ。私は一人でいたかったのに……」
翠星石「そんなこと言って、最近ずっとこのクラスのこと廊下からちらちら見てるですぅ」
雛苺「ほんとなの。毎時間来るの」
真紅「体育が終わって帰ってきたとき、誰もいない教室を覗いたあと帰っていくのもみたことがあるのだわ」
水銀燈「ぐ、偶然よぉ。私もこれでいて結構暇なの。なんていうか、クラスの奴らはみんなおばかさんばっかりで」
翠星石「あ、わーかったですぅwもしかして水銀燈、クラスに友達いないんですねえ?wwwww」
水銀燈「ドキーーーーーーン!」
真紅「水銀燈は初日で大勢友人を作ったそうよ」
翠星石「へえー、そうなんですか。すごいですぅ。私も他の人とは二日くらいは他人だったものですが」
雛苺「水銀燈すごいのー!」
水銀燈「う、うん……まあ、うん……」
女子「ねえ、真紅ぅ?、数学の宿題やったー?」
真紅「もう、これで何度目?」
女子「翠星石ー、ちょっと話があるんだけどー」
翠星石「なんですかー?」
雛苺「雛もいくのー! ほーら、水銀燈も!」
水銀燈「え、あ、私は……いいわぁ」
雛苺「水銀燈?」
翠星石「雛苺、なにしてるですか!」
雛苺「ごめんなのー。じゃあ水銀燈、またね!」

水銀燈「……嫉妬するなんて……私……」


俺「激しいいじめは嫌だけど、軽くからかわれるくらいならしてくれたほうが楽だよな……孤立はまじつらい。なんか恥ずかしい気がする」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:40:12.58 ID:xt8NXDUK0
つか実際こんな奴いないだろjk


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:41:38.30 ID:DN3j7+C80
>>85
髪の毛ワックスで固めれてても寝たふりしてた俺に喧嘩売ってるわけ?


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:42:13.60 ID:2dHlZu38O
>>85
お前は俺を怒らせた リア充死ね


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:42:50.34 ID:cEI04Uwn0
>>85
お前の常識なんか糞食らえ
つかお前市ねよ今すぐ


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:44:33.71 ID:6MGyQTcY0
>>85に
死ねって言ってる奴何なの^^;
ネットばっかりやってるからそうなるんだよ
かたい頭で考えてみろwwwwwwww
すごく自分が馬鹿だってわかるからwwwwwwwwwwww


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:48:08.46 ID:xt8NXDUK0
俺なんでこんな叩かれてるんだ


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:49:43.54 ID:7rWD/7LE0
総攻撃ワロスwwwww


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:42:40.04 ID:7uD/CAjgO
水銀燈「出だしが肝心なのよねぇ…今回はいじめられないようがんばるわぁ…」
先生「よし、転校生を紹介する。名前をかけ」
水銀燈「あ…はいっ…(ぷるぷる…あ、手が震え…る)水銀…ボソッ…です」
クラス「せんせー!字が小さすぎて読めませーん!!」
水銀燈「くっ…!」

先生「まぁ、とりあえず後ろの俺くんの隣の席に座ってな」
水銀燈「はい…」

水銀燈「はぁ…(やっぱり上手くいかないわぁ…)」
俺「水銀燈っていい名前だね。」

水銀燈「俺くん////」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:51:18.50 ID:oHlkNN/j0
水銀燈「蒼星石も真紅も携帯電話持ってきてないわ……メールもできないし……他からは返信ないし……」
水銀燈「…………」(特になにも操作せず携帯開けたり閉じたり)
水銀燈「さすがにもう寝たフリも限界があるし……どうしようかしら……」
女子「キャハハwww」
女子「キャハハwww」
女子「でもさあ、まじ最近ダルくない?」
女子「分かるー。学校とかまじつまんない」
水銀燈(ピク……)
女子「だよねー。学校とかマジなんも楽しいことないし」
女子「勉強とかだるいだけだよねー」
水銀燈「……そんなに楽しそうにしてるくせに……」
女子「キャハハwww」
女子「キャハハwww」
水銀燈「…………」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:53:49.23 ID:OrJZtU880
1組 金・蒼
2組 紅・翠・雛
3組 雪・薔
4組
5組
6組 銀

こんな感じですね

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:54:43.94 ID:oHlkNN/j0
>>136
把握した


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:55:05.66 ID:cEI04Uwn0
>>136
銀だけ特別成績が悪かった
見たいな印象だな

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:55:06.76 ID:8mDqKeVy0
>>136
三組が血の海に沈むな


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:56:42.38 ID:25qWTRRR0
女生徒A「蒼星石ちゃん、此処の問題なんだけど…。」
蒼星石 「えっとー…此処はね、まずこの-3xをイコールの向こうに移動させて…」

男生徒A「おーい、蒼星石、次の体育の時間俺らのチームに入ってくれよ。」
蒼星石 「えッ!?…もう、からかわないでよ。」
男生徒B「コイツさ、蒼星石の事が好k――むごご!?」
男生徒A「お、お前!///」
蒼星石 「…?」

女生徒B「ねぇねぇ、蒼ちゃん。今日は一緒に学食でお昼しない?」
女生徒C「うんうん、蒼ちゃんたまには私たちと一緒に食べようよ♪」
蒼星石 「良いのかな?そう言ってくれるならお邪魔するよ。」

女生徒D「蒼星石ちゃん大人気だねー。」
男生徒C「いっそ学級委員長になっちまえば?」
蒼星石 「ううん、僕にはそこまでの器は無いからさ。でも有難う、嬉しいよ。」

蒼星石 「あ、次は体育だね。遅刻すると行けないから、皆は先に行ってて?」
生徒達 「うん。行こう、皆。」




蒼星石 「大丈夫、泣かなくて良いんだよ。」
画面の前のお前等「…!?」
蒼星石 「はい、このハンカチで涙を拭いて?体育館まで一緒に行こう?」
画面の前の(ry「…うん…。」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/21(月) 23:58:08.17 ID:WMiPTKvTO
女子「キャハハwwwwそういえばさー」
水銀燈「ピク…」
女子「?…?…うざくない?」
女子「あ?うざいよね!す……とうだっけ?何かまわりと壁つくっててマジうざい」
水銀燈「(あ…いま水銀燈って…)うう…ジワワ…」
女子「やめなよーwww起きてたら聞こえてるかもしんないじゃあんwwwww」
水銀燈「(水銀燈は何も悪いことしてないわあ…うう…何で…世の中馬鹿ばかりだわあ…)」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:58:41.32 ID:hKhejPMP0
>>146
俺にこれほど殺意を覚えさせたのはお前しか居ないと思う。

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:58:50.06 ID:hH3AIbVSO
>>146
ID変わるから言うけど蒼星石は蒼星石は…俺の…嫁だあああああああああああああああああ


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:04:40.58 ID:50py6HahO
女子「キャハハwwwwそういえばさー」
水銀燈「ピク…」
女子「?…?…うざくない?」
女子「あ?うざいよね!す……とうだっけ?何かまわりと壁つくっててマジうざい」
水銀燈「(あ…いま水銀燈って…)うう…ジワワ…」
女子「やめなよーwww起きてたら聞こえてるかもしんないじゃあんwwwww」
水銀燈「(水銀燈は何も悪いことしてないわあ…うう…何で…世の中馬鹿ばかりだわあ…)」

俺「おいっ!!さっきから黙って聞いてりゃお前らいい加減にしろよ。この糞ビッチが!」

水銀燈「グスッ…グスッ……俺くん…/////」


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:06:50.06 ID:sihmLTnwO
>>171
まったくおまえという奴は


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:07:13.74 ID:QyKmtvE80
休み時間
水銀燈「…………」(寝たふり中)
女子「キャハハwww」
女子「キャハハwww」
女子「てかさあ、あいつあいつ」
女子「ん?」
女子「あいつまじウザクない?」
水銀燈(ドキッ)
女子「あー、確かにウザイよね?」
女子「だよねー、あいつ絶対友達いないってwwwwww」
水銀燈(わ、私の……こと?)
女子「キャハハwwwwてか昼とか一人で飯食ってそうwwww」
女子「言えてるwwwwww」
水銀燈(私のこと……よね? うっ……)
水銀燈「もう聞きたくない……!」(耳を塞ぐ)

女子「てかほんとあの数学の教師ウザイww」
女子「いかにも友達いないよねーwww」


俺「実際はこんなかんじなんだろうが、俺が意識しすぎなんだろうな・・・」


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:09:21.22 ID:PN76r9oI0
>>180
なんという鬱銀燈・・・


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:09:23.81 ID:EfAu2xKp0
>>180
いや、実際言われてる事あるよ
聞こえてるように言ってるんじゃない?


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:12:24.46 ID:i7wUpcIK0
水銀燈「ただいま戻りました…。」
ローゼン「お帰り、水銀燈。」

ローゼン「今日の夕食は美味しい魚を……水銀燈?」
水銀燈「…。」
ローゼン「水銀燈?どうかしたのか?」
水銀燈「え…!?あ、いえ…。夕食楽しみですわ、お父様…。」

ローゼン「ああ…。学校で何かあったのか…?」
水銀燈「!?い、いえ?とても楽しくて…早く明日にならないかしらぁ?(にこ)」
ローゼン「それは良かった…。」
水銀燈「私、夕食までに宿題を済ませて来ますわね、お父様…。」



――バタン。

水銀燈「…く、う…
     ひっく……っう…。」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:20:29.95 ID:50py6HahO
水銀燈「ただいま戻りました…。」
ローゼン「お帰り、水銀燈。」

ローゼン「今日の夕食は美味しい魚を……水銀燈?」
水銀燈「…。」
ローゼン「水銀燈?どうかしたのか?」
水銀燈「え…!?あ、いえ…。夕食楽しみですわ、お父様…。」

ローゼン「ああ…。学校で何かあったのか…?」
水銀燈「!?い、いえ?とても楽しくて…早く明日にならないかしらぁ?(にこ)」
ローゼン「それは良かった…。」
水銀燈「私、夕食までに宿題を済ませて来ますわね、お父様…。」



――バタン。

水銀燈「…く、う…
     ひっく……っう…。」
水銀燈「俺くぅん…しんどいよぉ…切ないよぉ……」
水銀燈「助けてぇ…俺くぅん…」


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:22:12.32 ID:NGA1z+8IO
>>240
もういいからWWW


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:22:44.54 ID:1pb4eSJ00
>>240
お前いい加減にしろwwwwwwwwwwwwwwwwww


246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:21:25.25 ID:QyKmtvE80
蒼星石「ん? やあ、水銀燈じゃないか」
水銀燈「あ、おはよう蒼星せ……え?」
取り巻き1「蒼星石のお友達ー?」
取り巻き2「へー、一年のときの?」
取り巻き3,4,5「こういうことも仲いいんだー。さすがだねー」
取り巻き6?8くらい「でもなんか暗そうだよねwww」
水銀燈「…………すごい友人の数……」
蒼星石「そんなことないよ。水銀燈は本当はとてもお父さん想いのいい子なんだよ」
取り巻きaii「へー」
水銀燈「……ふ、ふふ……」(愛想笑い)
女子1,2,3,4「あ、蒼星石ちゃん、おはよー!」
蒼星石「やあ皆、おはよう」
水銀燈「まだいるの……? まだ二週間経ってないのに……」


いるんだよ、こういうやつが……


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:24:39.83 ID:sihmLTnwO
>>246
蒼星石がいやな奴に見えてきたじゃねーか


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:25:48.50 ID:P2+D9n620
男子「おう!また明日な!」

水銀燈「っ…!え、えぇ!また明日」

男子「お前に言ってねぇよwwwwwwwwwwww」


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:30:42.25 ID:50py6HahO
男子「おう!また明日な!」

水銀燈「っ…!え、えぇ!また明日」

男子「お前に言ってねぇよwwwwwwwwwwww」
俺「水銀燈!また明日ね。おやすみ」

水銀燈「うっうん////!ばいばい?」

男子「ポツーン」


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:31:25.92 ID:1pb4eSJ00
>>289
これお前が幸せになってるだけじゃね?
俺も混ぜろよカスが


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:33:12.63 ID:QMAJXTXOO
>>289
まだやるかwwwwwwwwww


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:34:18.90 ID:tnCIykR70
水銀燈「ガラガラ(ドアを開ける」

ピッシャアアアアァアアン!!!!

水銀燈「ヒンッ!」


冷たい視線


男子「ドア静かに閉めろよ。ウゼぇ」



俺のクラスのドアがこんな感じだった。
そして俺。



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:38:56.01 ID:50py6HahO
水銀燈「ガラガラ(ドアを開ける」

ピッシャアアアアァアアン!!!!

水銀燈「ヒンッ!」


冷たい視線


男子「ドア静かに閉めろよ。ウゼぇ」

トバッシャャャンーッッ!!バキバキパリーン!!

俺「やべっ、遅刻遅刻ー。水銀燈何してるんだよ?早く座ろぜ!」

水銀燈「うん!!」


332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 00:40:12.72 ID:r215K8jB0
>>326
不覚にも糞フイタ


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:40:26.79 ID:PBoxGoir0
>>326
なに割ってんだwwwwww


328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:39:10.09 ID:QyKmtvE80
真紅「ねえ翠星石、ちょっといいかしら?」
翠星石「んー? どうしたですか、急に?」
雛苺「何の話なのー?」
真紅「実はね、水銀燈……クラスでその……孤立しているというか」
翠星石「孤立ですか? それってつまり友達がいないってことですか? でもこの前……」
真紅「それはやっぱり、私たちの前だし……言いづらいものじゃないかしら」
雛苺「水銀燈可哀想なのー……」
真紅「だから、どうにか支えになってあげたいのだけど……」
翠星石「それはそうですけど……」
雛苺「うにゅー……」


こんな展開は……やめたほうがいいだろうか


343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:42:14.42 ID:XPEjPEC3O
水銀燈「はあ…まだクラスに馴染めないわ…… 何がいけないのかしら?真紅に聞いて……ダメ、真紅に心配させちゃうわ。……本屋さんにでも行ってみようかしら」

?本屋?
水銀燈「へぇ、いっぱい良さそうなのがあるわね。ん?……これいいわね。これに決めたわ♪」


361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:46:40.93 ID:XPEjPEC3O
?3日後?

先生「昨日校長先生が置き勉してる生徒の荷物を前の机に出しておいたそうだ」
生徒「え?、そんなことしなくてもいいじゃん。めんどくさいなあ」
水銀燈「私は普段からちゃんと全部持って帰ってるわよ。ん?そういえばあの本昨日学校に忘れて…………」
先生「お?い、誰だこの本は?えっと、タイトルは……」
水銀燈「せっ、先生それはわた……し………の…………」
先生「人とうまく接する10の手段」
生徒「キャハハwwww先生それ図書室の本だって!そんなの買う奴いねーよwwwなwwwww」
先生「そうか?まあそうだよなw 最後に念のために聞くがこの本の持ち主いるか?」
水銀燈「……………………………ハイッ」


378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:53:15.23 ID:50py6HahO
先生「昨日校長先生が置き勉してる生徒の荷物を前の机に出しておいたそうだ」
生徒「え?、そんなことしなくてもいいじゃん。めんどくさいなあ」
水銀燈「私は普段からちゃんと全部持って帰ってるわよ。ん?そういえばあの本昨日学校に忘れて…………」
先生「お?い、誰だこの本は?えっと、タイトルは……」
水銀燈「せっ、先生それはわた……し………の…………」
先生「人とうまく接する10の手段」
生徒「キャハハwwww先生それ図書室の本だって!そんなの買う奴いねーよwwwなwwwww」
先生「そうか?まあそうだよなw 最後に念のために聞くがこの本の持ち主いるか?」
水銀燈「……………………………ハイッ」
俺「あぁー先生ありがとうございます!!それ俺のッス。なくしちゃったかと思いましたよ…ww良かったぁー」

水銀燈「エグッ…ヒグッ…ヒグッ…」


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:45:25.95 ID:1pb4eSJ00
真紅「ねえ翠星石、ちょっといいかしら?」
翠星石「んー? どうしたですか、急に?」
雛苺「何の話なのー?」
真紅「実はね、水銀燈クラスで孤立してやがるですわwwwwwwww」
翠星石「孤立糞吹いたwwwwwwwwwジャンク哀れですwwwwwwwwwww」
真紅「ジャンクざまあwwwwwwwwwww学校やめろですわwwwwwwwwwwwww」
雛苺「水銀燈ワロスなのーwwwwwwwww」
真紅「だから、私たちも虐めに参加しましょうwwwwwwwwwwwww」
翠星石「賛成ですwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
雛苺「うにゅーwwwwwwwwwwwwwwwww」


358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 00:46:00.85 ID:mPY57gGk0
>>357
ひでえww


368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 00:49:10.86 ID:Pk9iHPoI0
翠星石「おはようですぅ、真紅」
蒼星石「やあ、真紅」
真紅「おはよう、翠星石、蒼星石」
雛苺「あー、真紅ーおはようなのー」
真紅「おはよう雛苺。あら、リボンがずれてるのだわ」
翠星石「チビチビは身だしなみもちゃんとできないですか」
雛苺「うー、直してなのー」
蒼星石「しょうがないなあ」

水銀燈「・・・・・・」

金糸雀「皆々様ーおはようかしらー」
翠星石「・・・誰です?」
蒼星石「たしか、カ、カナ・・・」
真紅「カナガワ?」
雛苺「おはようなのカニミソー」
金糸雀「カナリアかしらーー! この前自己紹介したかしらーー」
真紅「冗談なのだわ。おはよう金糸雀」
翠星石「ひっひっひ・・・もう金糸雀のポジションは決まりですぅ」

水銀燈「・・・・・・」
真紅「ねえ、さっきからこっちを見てるみたいだけれど、あなた確かすいぎ・・・」

たったったった
蒼星石「いっちゃったね」
翠星石「なんなんですかあの態度は。なめくさってやがるですぅ」

水銀燈(はぁ・・・見てるのばれちゃったし、それでも話しかけてくれたのに・・・
     なにやってるんだろう、私・・・)


371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 00:50:03.71 ID:hMDln04a0
水銀燈「図書室の隅なら・・・・誰もこないわぁ」
水銀燈「うぅ・・・・ぐす・・・・」

女子生徒「真紅借りるもの決まったのー?」
真紅「まだよ。もうしばらくかかりそうだから先に教室へ戻っていて頂戴」
女子生徒「んーわかった。ヒナ、戻ってよっか」
雛苺「はぁいなの」
真紅「なかなかいい本がないわね・・・・」

水銀燈「どうして・・・・うぅ・・・・」
真紅「(誰かの・・・・嗚咽?)」
水銀燈「・・・・・・・・ぐす」
真紅「水銀燈・・・・?」
水銀燈「・・・・真紅!?」
真紅「こんなところでどうしたの?」
水銀燈「し、真紅ってばおばかさんねぇ。図書室だもの本を借りに・・・・」
真紅「嘘・・・・あなた泣いていたわ」
水銀燈「な・・・・泣いてなんか・・・・うぅ・・・・ぐす・・・・」
真紅「こんなに目を腫らして・・・・何かあったのね」
水銀燈「ぐす・・・・うぅ・・・・うぁー・・・・しんくぅ――!!」
真紅「あなたがこんな風になるまで・・・・気づいて上げられなくてごめんなさい・・・・ぐす」


379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:53:16.42 ID:XH2eWgco0
水銀燈「図書室の隅なら・・・・誰もこないわぁ」
水銀燈「うぅ・・・・ぐす・・・・」

女子生徒「真紅借りるもの決まったのー?」
真紅「まだよ。もうしばらくかかりそうだから先に教室へ戻っていて頂戴」
女子生徒「んーわかった。ヒナ、戻ってよっか」
雛苺「はぁいなの」
真紅「なかなかいい本がないわねwwww」

水銀燈「どうして・・・・うぅ・・・・」
真紅「(誰かのwwww嗚咽?)」
水銀燈「・・・・・・・・ぐす」
真紅「水銀燈wwww?」
水銀燈「・・・・真紅!?」
真紅「こんなところでどうしたの?」
水銀燈「し、真紅ってばおばかさんねぇ。図書室だもの本を借りに・・・・」
真紅「嘘wwwwあなた泣いていたわ」
水銀燈「な・・・・泣いてなんか・・・・うぅ・・・・ぐす・・・・」
真紅「こんなに目を腫らしてwwww何かあったのね」
水銀燈「ぐす・・・・うぅ・・・・うぁー・・・・しんくぅ――!!」
真紅「あなたがこんな風になるまでwwww気づいて上げられなくてごめんなさいwwwwクス」


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:54:14.81 ID:WTPCFx2D0
俺「フヒwwフヒヒヒwwww水銀燈さんwwいつも一人っすねww俺もっすよww」

銀(何・・・こいつ気持ち悪い・・・)

俺「デュフwwデュフフw近くで見るとキレイなんすねwwwうはwww手とかスベスベww」

銀「ちょ、ちょっと何なれなれしくしてるのよ! 怒るわよぉ!?」

俺「おぅふwwフヒwwソーリーwww怒った顔もテラカワユスwwギザ萌エスwww」

銀「と、とにかく私は一人が好きなのよ。
  あなたみたいな下等な人間に近寄って欲しくないわけ。おわかり?」

俺「ふぅはwwフヒヒww銀ちゃんwwwツンデレっすかwwwマジ萌エスwwクンカクンカ」

銀「ちょ、ちょっと離れなさいよぉ! 髪の匂い嗅いでんじゃないわよ!」


382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:54:54.12 ID:1pb4eSJ00
>>381
きめえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:56:46.71 ID:bz+DpNpiO
>>381
こんなのでも友達のいない銀様は次第に心を開いていっていずれは体も…
うああああああああ


395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 00:58:50.45 ID:xT9u1dmH0
>>388
うわぁぁあぁぁぁぁああ!!11



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:02:43.35 ID:o5ra8QxxO
俺「銀ちゃん銀ちゃんwwwwwwwww昨日のガンダム見た?フラッグかっこいいよフラッグwwwwwww」

水銀燈「…………私はゲルググ派よぉ……」

俺「え…?ゲルググ?なんだそれ新型?」

水銀燈「……」


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:04:08.13 ID:IQCk4pJGO
水銀燈「さて…机に座って寝たフリ…」
ズキッ!
水銀燈「痛いッ!…な、なぁにィ…お尻に画鋲が…」
「クスクス…」
「ヒソヒソ…」
水銀燈「(泣いちゃ駄目よ…何もなかったフリ…)…zzz」
バサバサッ
水銀燈「!?な、何…?」
「悪ィ悪ィ…手が滑って鉛筆削り機のカス頭に被せちゃったョ…w」
「クスクス…」
「ププ…」
水銀燈「…(涙が…見られちゃ駄目…私は寝てるの…)」



416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:07:08.38 ID:+vujdEdo0
水銀鐙「あ?あ…天気予報信じればよかった…真紅達は帰っちゃったみたいだし」
男「あれ?水銀鐙、カサ忘れたのか?
水銀鐙「えっ!?う、うん」
男「……入ってけよ」
水銀鐙「!!!!い、いいわよ…そんな……」
男「遠慮すんなよw俺んち近いし、着いたら貸してやるし」
水銀鐙「でもぉ…」
男「ほらっ!綺麗な羽根が濡れちゃうぜ?」
水銀鐙「えっ…(///)……じゃ、じゃあ…お言葉に甘えて」
山田「あでぇ?あはははははは相合傘だじょ?」
水銀鐙「や、やだぁ(///)」
まる子「よ?よ?!にくいねえ?!!おふたりさん」
水銀鐙「さ、さくらさんまで…」
丸尾「しょ、小学生がする事ではありません!ズバリ!不純異性交遊でしょう」
水銀鐙「そ、そんなんじゃ(///)」
花輪「ベェ?イビ?♪照れる事ないじゃないか、お似合いだよ?♪」
水銀鐙「!!!!!もぉ?(///)」
永沢「ケッ!ガキのく…」
水銀鐙「(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!」


420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:07:56.24 ID:1pb4eSJ00
>>416
突然の山田に吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:08:51.69 ID:bz+DpNpiO
>>416
笑わせんなwwww


449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:15:10.36 ID:IQCk4pJGO
水銀燈「次は英語の授業ね…えっと教科書…あったわ…ぁ…ぇ……」
マジックで中身が黒く塗り潰された教科書
水銀燈「何……これ…」
ガラガラッ
先生「授業始めるぞ?」

先生「水銀燈、20pの文章読んで」
水銀燈「あ…え…」
先生「ん…どうした?」
水銀燈「あ、いえ…その」
先生「…教科書忘れたのか?」
水銀燈「…………ハイ」先生「何やってるんだ、教科書忘れるなんて…」
水銀燈「……す……スイマセ…ン…」



467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:19:35.20 ID:WTPCFx2D0
あんまり俺のことキモイって言うなよ
嫉妬してんのか?


俺「フヒwwフヒヒwww銀ちゃんwwまた一人で弁当っすかwwドゥフフww」

銀(ぎ、銀ちゃん?)「あなた汗臭いのよ、食事が不味くなるわぁ 向こう行きなさいよ」

俺「ヌハwwフェロモンwww自重www俺フェロモン自重wwwドゥファwww」

銀「ちょ、ちょっと!隣に座っていいなんて言ってないわよ! ちょ、くっつかないで!」

俺「フヒヒwww銀ちゃんwwツンデレwww卵焼きうまそうっすねwwww」

銀「や!ちょっと私の食べかけ・・・!」

俺「うめえwww銀ちゃんの味うめえwwww」


471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:20:25.90 ID:1pb4eSJ00
>>467
キモすぎワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 01:20:38.29 ID:mPY57gGk0
>>467
キモヲタまじうぜえwwww俺の銀様を汚すなww


480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:23:35.88 ID:bz+DpNpiO
>>467
そしてやっぱり心を開いていっていずれ体も…!


486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:24:43.91 ID:IQCk4pJGO
水銀燈「た…たまには勇気出して食堂で食べようかしら…」

―食堂―
水銀燈「き、緊張するわぁ……あ、き、きつねうどん…ください」
「あれ?水銀燈じゃね?」
「本当だ」

水銀燈「…ふふ、美味しそぉ…いただきま…」
「水銀燈!」
水銀燈「きゃっ!ビ、ビックリした…」
「旨そうだな…一口くれよ」
「えぇ…い、いいわよぉ」
「マジ?じゃあ俺もな!」
「俺も貰う!」
水銀燈「え…あ……ちょ…」
「美味しかったぜ」
「ありがとなw」
水銀燈「う…ううん…(お汁と天カスしか残ってない…)」


489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:25:13.32 ID:Pk9iHPoI0
翠星石「見ましたか?さっきの体育のちび人間。本当いい笑いものですぅ」
真紅「翠星石は毎日ジュンの話ばかりね」
蒼星石「細かいところまでよく見てるよね」
翠星石「そ、そんなことねーです! あ、あれはあくまで笑える観察対象ですぅ!」
雛苺「隠すことないのーヒナもジュン好きなのー巴も好きなのー」

水銀燈(あんな子たちなんて死んでしまえばいいのよぉ・・・全然面白くないことで笑って・・・
     おばかさぁんばっかりで・・・)

ひそひそ
金糸雀「ところで・・・あの子また寝たふりしてるかしら・・・」
蒼星石「僕らのクラスで話し相手がいないのって彼女だけだよね」
真紅「こちらから話しかけようとしても顔さえ上げてくれないのだわ」
雛苺「くすぐってみるのー」

水銀燈(ちょっと・・・正気なの? くすぐるとかありえないじゃない・・・!)

翠星石「やめるですぅチビチビ。ああいうのは触らぬ神に・・・てやつですよ」
雛苺「えーでも独りはかわいそうなのー」
真紅「礼儀にかなってないことは確かね。好きで独りでいるのかもしれないし」

水銀燈(人のことを勝手にごちゃごちゃと・・・でも、ちょっと期待していたような・・・
     私、いったいどうしたいんだろう・・・)


496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 01:27:58.77 ID:iV6QvDLP0
>>489
泣けるぜ


513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:33:20.31 ID:+vujdEdo0
シトシトシトシトシト……

水銀燈(…ど、どうしよう、せっかく仲良くなるチャンスなのに、何も話せないわぁ><)
男(やべえ…何話せば良いんだ?)
水銀燈「………」
男「………」
水銀燈(ゆ、勇気を出さなくちゃ)
男(…教室にいる時と同じだと思えば良いんだよな?)
水銀燈・男「あのっ!」
水銀燈・男「!!!!!!」
水銀燈「なっ!?何?」
男「いっ、いや!そっちから!!」
水銀燈「あ…あの……ありがとう…カサに入れてくれて(///)」
男「あっ、ああ…」
水銀燈(…何だろう……この気持ち……もしかしてこれが(///))
水銀燈(あっまっくって?に?がい?♪…マ?マレ)
水銀燈「だっ!かっらっ気に?なる?こんな気持ちは


517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:37:12.33 ID:XPEjPEC3O
水銀燈「携帯電話ってのを買ったわ♪明日さっそくクラスのみんなにアドレス聞いちゃおうかしら」


?一ヶ月後?
翠星石「そういえば水銀燈携帯電話持ってたですよね?アドレス教えるですぅ」
水銀燈「……持ってないわよ、そんなもの…………(とっくの昔に捨てたわよあんなものぉぉ………)」


519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:37:55.77 ID:+vujdEdo0
シトシトシトシトシト……

水銀燈(…ど、どうしよう、せっかく仲良くなるチャンスなのに、何も話せないわぁ><)
男(やべえ…何話せば良いんだ?)
水銀燈「………」
男「………」
水銀燈(ゆ、勇気を出さなくちゃ)
男(…教室にいる時と同じだと思えば良いんだよな?)
水銀燈・男「あのっ!」
水銀燈・男「!!!!!!」
水銀燈「なっ!?何?」
男「いっ、いや!そっちから!!」
水銀燈「あ…あの……ありがとう…カサに入れてくれて(///)」
男「あっ、ああ…」
水銀燈(…何だろう……この気持ち……もしかしてこれが(///))
水銀燈(あっまっくって?に?がい?♪…マ?マレ)
水銀燈「だっ!かっらっ気に?なる?こんな気持ちはなぜ?♪」
男「うわっ!急にどうした?」
水銀燈「!!!!!ごっ、ごめんなさい><こ、ここまでで良いわ!じゃあね」
男「……何なんだ………」





野口「クックックックック…今いちばん?あいつの?笑顔にあいたい♪」


520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 01:38:34.46 ID:fQypencR0
>>449
?休み時間?
ガラッ
雛「水銀燈ー!英語の教科書貸して欲しいーのー」

クラスメイト1(おいおいwwwあいつ友達いたのかよwwwww)
クラスメイト2(ってか、おい、やばくねwwwアレwwwww)

銀「あらぁ、雛苺ぉ。良いわよぉー、はいこれ。次の休み時間には返してねぇ」
雛「ありがとうなのー。今度うにゅ?あげるのー」

?次の休み時間?
…ガラララッ
クラスメイト1(おwちっこいの戻ってきたぞwww)
クラスメイト2(テラクラスwwwばれたかな?ばれたかな?wwwww)

雛「…水銀燈…あ、ありがとうなのー」
銀「ん?ええ、どういたしましてぇ」
銀(なんだか雛苺、元気ないようだけど…何かあったのかしら?)
雛「じゃ、じゃあ雛自分のクラスに戻るのー。…水銀燈またなのー」
銀「ええ、また…」
銀(やっぱり変ねぇ、今日帰りにでもうにゅ?買ってあげようかしら…)

>>449に戻れば…
その後、姉妹がいじめる側に回るか、助ける側に回るかはお前ら次第なわけ


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:41:11.44 ID:PN76r9oI0
>>520
最後は助けてきれいに終わらせてくれ


526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:42:20.99 ID:o5ra8QxxO
俺「いやー銀ちゃんさっきの生物面白かったね?」

水銀燈「え…?うん…(寝てたけど)」

俺「まあ詳しい話をすると辺縁系が本能を操って大脳新皮質が意志を操るわけだね」

水銀燈「ふうん……(興味ないけど人と話すの久しぶり…)」

俺「うっ!」

水銀燈「どうしt……えっ」

モミモミ

俺「し…しまった辺縁系との戦いに敗れてしまったナリィwwwwwキャホホホーイwwwwwwwww」


水銀燈「訳のわからないうちに胸揉んで逃げられたわ……なんでこんな目ばっかり……でも先生に言ったら……ぅっ……ぅ」



537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:51:12.77 ID:WTPCFx2D0
もう眠いし寝るわ
さっきから布団で銀ちゃんが呼んでるしノシ


俺「ヌハwww銀ちゃんwwいま帰りっすかwwドゥフフwww俺もっすよwwフヒw」

銀(銀ちゃんで定着してる・・・)「そう、さよなら」 プイ

俺「フヒwwwフヒヒwww奇遇っすねwww俺も方向同じなんすよwwドゥフww」

銀(悪夢だわ・・・でもクラスメイトだし邪険にするのも・・・)

俺「ヌヒヒwwブフwwおにゃのこと下校wwギガ青春wwwおっきっきww」

銀「や・・・!また! ぬめった手で触らないでよ!」

教師「お?水銀燈、俺と下校か?、良かったなあ友達が出来て」

俺「フヒwwフヒヒw友達以上恋人未満の関係ですwwwぬふぁふぁww」

銀「!!! ちが・・・せ、先生!違います!!」

教師「あ?分かってる分かってる。何も言うな
    ただお互いまだ高校生だから節度を持ってな。じゃ?な」




544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 01:57:32.54 ID:Pk9iHPoI0
金糸雀「やっぱりみっちゃんの卵焼きは甘くてふんわりしてて最高かしらー!」
翠星石「うっ・・・甘い卵焼きなんて気持ち悪いですぅ」
金糸雀「むー、みっちゃんの味付けに文句があるのかしら? 翠星石」
翠星石「卵焼きはしょっぱいほうが美味しいに決まってるです。甘いのは邪道です」
蒼星石「僕もしょっぱいほうが好きかな」
真紅「私も塩気が聞いているほうが好みね」
雛苺「ヒナは甘いのがいいのーなんでも甘いほうが美味しいのよー」
翠星石「それはチビチビとカナガワの舌がおかしいからですよ。事実3対2で卵焼きは
     しょっぱいほうが美味しいに決まりですぅ。邪道は黙るですよ」
金糸雀「なんと言われようとカナはみっちゃんの甘い卵焼きが最高かしら!」
真紅「(もぐもぐ)・・・そうね、確かに私の好みではないけれど、温かい味がするのだわ」
金糸雀「真紅は分かってるかしら?、ってなに勝手に食べてるかしら?!」


水銀燈(うるさいわねぇ、ご飯くらい静かに食べられないの・・・ぺちゃくちゃぺちゃくちゃしゃべって。
     ・・・私のお弁当、せっかくめぐが作ってくれたのに、どうしてあんまり美味しくないんだろう・・・)



550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 02:02:14.82 ID:XPEjPEC3O
?文化祭終了?
08/xx/xx/ xx:xx
件名:打ち上げのお知らせ
本文
文化祭お疲れさまでした。クラス一致団結のもと、これでさらにクラスのみんなが仲良くなりましたね。
さて、本題ですが打ち上げを開催したいと思います。場所日時は以下の通りです……………




?ある夜のあるお店にて?
雛苺「今日はみんなで外食なの?」
水銀燈「ちょっと静かにしなさいよ雛苺」
水銀燈「…………んっ?」
翠星石「どうしたですか水銀燈?あっ、あれは確か水銀燈のクラスですぅ」

水銀燈「ちょっと……どういうこと………………」


553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 02:03:58.60 ID:mPY57gGk0
>>550
?ある夜のあるお店にて?
雛苺「今日はみんなで外食なの?」
水銀燈「ちょっと静かにしなさいよ雛苺」
水銀燈「…………んっ?」
翠星石「どうしたですか水銀燈?あっ、あれは確か水銀燈のクラスですぅ」

水銀燈「ちょっと……どういうこと………………」


どういうこった?


557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 02:06:44.59 ID:XPEjPEC3O
>>553
水銀燈には打ち上げのメールがまわって来なかったという設定です
わかりにくかった?



566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 02:14:08.13 ID:o5ra8QxxO
真紅「水銀燈が外食に誘うなんて珍しいわね」

水銀燈「文化祭が終わったからちょっとした余興よぅ…」

翠星石「○カイラークならこないだクラスのみんなで打ち上げで行ったばかりなのですぅ。ねぇ真紅?」

真紅「ええ、まあそれでも構わないのだわ」

ピロリンピロリン……

真紅「あら?あれはあなたのクラスメイトじゃない?あっちにもこっちにも」

水銀燈「え…あ……………こ……この店は止めましょう………和食が食べたくなってきちゃったわぁ」

真紅「………わかったわ」
翠星石「(水銀燈…泣いてるですか?)」

モデル:俺

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 02:15:39.26 ID:o5ra8QxxO
ネタが丸かぶりした/(^o^)\


570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 02:17:34.73 ID:JO6HfIJtO
水銀鐙「学級文庫全部読んじゃった…」

?通知表?
『水銀鐙さんは学級文庫全部読んだんです。すごいですよ。これからも沢山読んでくださいね』
ローゼン「へ?。そんなに沢山読んだのか。すごいぞ水銀鐙」
水銀鐙「えへへ…」(遊ぶ人がいないから本読むしかなかったなんて言えないわぁ)


私は30冊位読みました。



575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 02:22:56.55 ID:fQypencR0

>>520
クラスに戻る雛苺
雛(…うー、これは真紅に相談したら良いのかな?)
真紅「どうしたの?雛苺?さっきの英語の時間から元気が無いようだけど」
雛「な、なんでもないのー、雛元気なのー」
翠「まったく、雛苺はいつもそうですぅ。嘘が下手ですぅ」
真紅「そうよ雛苺、何かあったら言いなさい。聞いてあげるから」
雛「…あのね、さっき水銀燈に英語の教科書借りにいったの。そしたらね…」

真紅「…そう、だったの…」
翠「…なんなんですぅ!私たちの前では苛められてる素振見せたことないですぅ」
雛「…だから…びっくりしたの…」
真紅「クラスが別れてから妙に私といる時間が多いように感じたけど…そういうことだったの」
翠「ちょっと水銀燈のクラスにいってくるですぅ!」
雛「…ひ、雛も行くの!」
真紅「お待ちなさい、二人とも。水銀燈に一度話を聞いてみましょう。私たちが熱くなってもしょうがないわよ?それに授業も始まることだし」
翠「う…わかったですぅ。」
雛「…わかったの」
真紅「それと翠星石。蒼星石にも教えてあげて欲しいの。できる?」
翠「まかせるですぅ!」
真紅「放課後に水銀燈のクラスに迎えにいってあげましょう」
雛「はいなのー」

てか読んでる人いないよね?


596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 03:00:01.84 ID:fQypencR0
…放課後
帰り支度を整える水銀燈
銀(はぁ…教科書どうしよう…雛苺にもばれたかしら?迂闊だったわ…早く家に帰って乳酸菌補給しないと)
ガタッ
机の脚を蹴られる
銀(ビクッ!!)
クラスメイト1「ちょっとwww銀ちゃんwww今からちょっといいかなwwwww」
クラスメイト2「どうせ友達いねぇだろうしwwwちょっと遊んでからかえろうよwwwwwね?」
銀「あ…あの、私は…」
クラスメイト1「いいからwwwいいからwwwおまえの理由は聞かないからwwwてか聞こえねえwww」
クラスメイト2「だっておもちゃだしなwwwうちらのwwwww」

銀「…だから私は、えと、その…」
バンッ!
机を叩く音、まだちらほらいる他のクラスメイトはまたか…と冷ややかに見てみぬふり
クラスメイト1「だ・か・ら、お前の意見は聞いてないの」
クラスメイト2「まぁ、いいやー。とりあえずこのおもちゃ屋上まで持ってこう」

グイと腕を掴まれて引っ張られる。痛みは…ない…それよりもこのクラスメイト、周りのクラスメイトに本当に血が通っているのか疑わしく思い心が痛い…
私が何をしたというの?私の何が悪いの?ただ、ただ人間として生きていきたいだけ…
ふと、頭に真紅、雛苺たちの顔が浮かぶ…でも駄目…彼女たちには言えない、関わらせてはいけない。
そんなことを考えていた…

気づくといつも綺麗な夕焼けがいつも以上に綺麗に見えた…


水銀燈の受けたいじめの仕打ちは上の方に出てきてるキツメのものを脳内保管でヨロです。
じゃ、寝ます。フェイトそん最高



726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 19:52:39.25 ID:ewuT4y7j0
んじゃいくお




>>596
クラスメイト1「お前さーwwwそろそろ気付いてくんないかなー?wwwww」
クラスメイト2「邪・魔・な・のwwwもう学校来なくて良いよ?wwwww」
銀(こんなに夕焼けが綺麗なのにぃ…うるさいわぁ…この人間たちぃ)
グッと水銀燈の胸倉が掴まれる
クラスメイト1「おい!聞いてんのか?アホな子のフリか?」
クラスメイト2「…もういいや…もうなんか面白い反応ねぇし」
銀(黙らないかしらねぇ、こんなに空が美しいというのに…)
クラスメイト1「そうだいい事思いついたwwwこれはナイスアイディーアwwwww」
クラスメイト2「え?何それ?おいしいの?wwwww」

二人は黙って私の服を脱がせている…抵抗はしない…したところで…
ああ…、また何かされるんだろうな…と


729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 20:06:06.13 ID:ewuT4y7j0
…私は汚された、文字通り汚された。色々な部分に痣がついた私の体を痣だけ狙って殴られ
私が苦痛に顔を歪めると水を得たかのようにさらにそこを殴る…。これでもかと言わんばかりに攻め立てる。
銀「い…っづ…」
クラスメイト1「あはwww良い音すんなwwwww」
クラスメイト2「じゃあここはどうかなwwwww」
銀「ぐぎぃ…っ」
声を上げるごとに零れ落ちる涙
銀「もうやめてぇ…もう…いづっ!!!」
クラスメイト1「なあにぃ?www」
クラスメイト2「おおきなこえでいってみましょうwwwww」
銀「もうやめなさぁい、あんたたちぃ。もう十分でしょぉ」
水銀燈はいつも口調で言い返した…、いや言い返してやった。
クラスメイト1「そおぉい!」
良い角度で足蹴りがみぞおちに入る。
銀「ひゅー…ひゅー…」
クラスメイト2「ナイスショットと言わざるをえない」
クラスメイト1「だろwww」
…苦しくて、苦しくて意識が朦朧としてくる…
クラスメイト1「いい声で鳴いて下さいよぉw銀ちゃんwww」
クラスメイト2「あっはっはっwwwでもたらないなぁwwwまだもっとさぁwwwww」

…始めはたいした虐めじゃなかった…私が「やめて」と言えばここまで
エスカレートすることはなかったのではないだろうか?
きっとクラスメイトはここまでするつもりではなかったのではないだろうか?
私が早く「やめて」と言えばクラスメイトも……ごめんなさい…


736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 20:20:21.20 ID:ewuT4y7j0
気付くと私はその言葉を口にしていた…
銀「ひゅー…ひゅー…ご、ごめん…なさいぃ…」
クラスメイト1「はぁ?何?謝ったってやめるわけないし」
クラスメイト2「お前は壊れたお人形なんだから」
別に許してほしいというわけでもなく
銀「そうじゃなくて…ご、ごめんなさぁい…」
クラスメイト1「だからぁ!!!」
腹部に鈍痛が走る…
…次の瞬間目の前が白くなっていった…

寒気と共に目を覚ますと辺りは暗くなっていた。もうクラスメイトはいない…
銀「か、帰らないとぉ…」
…全身に痛みが走る…が、強制的に体を動かす。
トイレの鏡の前で顔を洗う…見事なまでに顔には傷がない…
鏡に写る私の顔…少し目が腫れぼったい
銀「ごめんなさいねぇ…きっと私が悪いのねぇ…私がぁ、私がぁ…ッ」
何度目だろう?涙が頬を伝う…きっと全部私のせい…


740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 20:45:59.73 ID:ewuT4y7j0
家に着くと薄暗い家の前に人影があった…真紅がまっていたのだ。
私は悟られないように一定の距離を保ったまま話しはじめた
真紅「どうしたの、水銀燈?探したわよ?」
銀(私なんかのために…?…いつも通りに振舞わないと)
銀「あらあらぁ、何様のつもりぃ?真紅ぅ」
真紅「クラスで何かあったんじゃないのかと思って…最近少し元気がないように見えたものだから」
銀「なんのことぉ?第一あなたに関係あることなのぁ?」
真紅「…ん、そう。…いつものあなたね」
銀「真紅ぅあなたぁ、何を馬鹿にしてぇ」
真紅「フフッ、何もないなら別にいいのよ。ああ、そうそうこれを渡すよう頼まれたの」
銀「え?なにかしらぁ?」
真紅「雛苺からよ、『水銀燈に渡してほしいのぉー』って。教科書のお礼だそうよ」
銀「…ッ。そうわざわざありがとうねぇ」
真紅「じゃあ、私はそろそろおいとまするわね」
銀「あらぁそう…これ…あ、ありがとうねぇ」
真紅「水銀燈?」
銀「何かしらぁ?」
真紅「何かあったらまず私に言って」
銀「な、何真顔でぇ…」
真紅「何かあったら」
そういうと真紅がぱぁっと笑顔になった
私はその笑顔に目を向けることが出来なかった…
銀「わ、わかったわよぉ。じゃあ、き、気を付けてお帰んなさいよぉ」
真紅「!…ええ、それじゃあ失礼するわね。お休みなさい水銀燈…」
銀「ええ、お休みぃ真紅ぅ…」

…真紅が去っていくのを、消えていく背中を最後まで見送っていた
銀「…ありがとう」


751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 21:38:27.84 ID:ewuT4y7j0
家に入って荷物を自室に置き雛苺から貰ったものをあける…
そこには手紙が同封されていた

水ぎんとうへ
きょうはきょうかしょありがとうなのー
なにかこまったことがあったら、ひなに言ってほしいのー
わたしのだいすきなうにゅ?を食べて元気出すのー
またあしたがっこうでなのー
              ひないちご

銀「雛苺ったらぁ…ひらがなばっかりで読みにくいわねぇ…」
うにゅ?を一つ手に取り口へ運ぶ
銀「…おいしいわぁ。甘くてとてもとても……ッ」
殆どもうしょっぱい味しかしなくなっていた…
銀「…ありがとうねぇ…雛苺…」
晴れ上がった目を袖でぬぐいふと携帯電話に目をやる…
メールが入ってるようだった…2件翠星石と蒼星石からだった…

銀「何かしらぁ?あの子たち…」

翠「まぁ、水銀燈のことだから悩み事とかあったら一人で抱えこんでしまっているはずですぅ。たまにはこの私が聞いてやるですぅ」
銀「…ふふ、何よぉ…」
蒼「やあ、メールは久しぶりかな?もっと君らしくいてくれると翠星石が五月蝿くなくて済むんだけど(笑)まぁ、何かあったら僕に相談に乗ってくれると嬉しいよ。じゃあ」
銀「…ぐずっ…あの子たち…」

とめどなく零れ落ちる涙…今気付かされる…とても暖かいやさしい人たちがいる…
それと同時にとてつもなく申し訳ないという気持ちも湧き上がってくる…

銀「ごめんねぇ…みんな…ごめんねぇ…ごめんなさぁい…」


753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 21:39:54.23 ID:RR4hHr6RO
泣いた


759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 21:56:50.74 ID:v3G+Iujx0
うにゅーの中に針が入ってたら面白いのに

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 21:58:17.26 ID:ewuT4y7j0
>>759
一瞬考えてみたがまとまらなそうなのでよした


762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 22:14:05.59 ID:5/7YLk/rO
わたし思うんだけど、もっとがっちゅんがっちゅんのゲイ分が必要だと思うの。


763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 22:14:57.18 ID:ewuT4y7j0
>>762
それはないwww


764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 22:22:56.71 ID:ewuT4y7j0
だからこそ決めなければと思った…私のために何かを犠牲にするのは嫌
私だけでいい…私だけで…
きっと今まで私がしてきた傲慢な態度が私に返ってきたのね…当然の帰結というわけ…
銀「そうね…そうよね…私がいるから狂ってしまった…」
長い夜をそのことだけを考えていた…

翌日いつものように登校していると後ろからドンと背中を叩かれた
銀「…っつぅ…」
昨日受けた箇所が痛み顔が歪む
クラスメイト1「あれwwwおはよwwwwwよく来れたなwwwwww」
クラスメイト2「昨日はごめんなwww気持ちよさそうに寝てたからさき帰っちゃったwwwww」
銀「…お、おはよぉ。何?朝から汚い息吹きかけないでくれるぅ?爽やかさの欠片もないわねぇ」
クラスメイト1「お、何々?ツンデレ?ツンデレ?」
クラスメイト2「ぅはwwwおkwwwww」
銀「もう話しかけないで下さるぅ?では失礼するわねぇ」
クラスメイト1「…銀ちゃん、一限目休もうねー」
クラスメイト2「そうそう、ちょっと楽しいことしようねー」
二人とも顔は笑っているが怖かった…私はまた弱気になってしまった…
銀「…う。…は、はい」
二人は先に行ってしまった。
銀「ふぅ…」
できれば朝からため息なんかつきたくはない…が出てしまう…


771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 22:48:06.19 ID:ewuT4y7j0
心が折れそうになる…私という人間がこうも脆いものだとは思わなかった

そしてまた後ろから肩をポンと叩かれた
すぐさま後ろを振り向くと真紅だった…
真紅「ど、どうしたの?水銀燈?驚いた顔して」
銀「い、いえ…何でもないわぁ。おはよぉう真紅」
真紅「ええ、おはよう水銀燈」
雛「ヒナもなのー!おはようなのー水銀燈」
銀「おはよぉう雛苺。昨日はありがとうねぇ美味しかったわよぉ」
雛「当たり前なのー。ヒナのとっておきなのー」
満面の笑みで答える
銀「ホント美味しかったわよぉ」
雛苺の艶やかな髪に手をやり撫でる…なぜか雛苺がとても愛おしい物に感じた
雛「?は、恥ずかしいのー…どうしたの?水銀燈?」
銀「いや、なんでもないのよぉ。気にしないでぇ」
翠「私たちにあいさつなしですぅ…どういうことですぅ」
銀「翠のと蒼星石、おはよぉう」
蒼「おはよう水銀燈。メール返ってこないから心配したよ」
翠「翠のってなんですぅ!翠星石というちゃんとした…」
銀「ごめんなさぁい、翠星石。おはよぉう」
翠「…おはようですぅ」
真紅「今日は元気いいみたいね…さぁ行きましょう。」
銀「ええ、行くわよぉ」
雛「さぁ、行くのー」
雛苺が私の手を取り走り出す
銀「ちょ、待ちなさぁい雛苺ぉ」
雛「急ぐのー」
翠「待つですぅ」
蒼「僕らも行こう真紅」
真紅「ええ、そうしましょう」


777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 23:11:37.31 ID:RibNyy7lO
美しい鬱エンドがいいな


779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 23:13:43.42 ID:ewuT4y7j0
>>777
今何とかしようとシコ錯誤中


782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 23:22:59.48 ID:M1vwUch50
水銀燈の誕生日に


「今までのは演技でした?♪ 誕生日おめでとう!!」

で大円団


784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 23:24:46.30 ID:0yAkuTXp0
>>782
殴っといてそれは無いわ


wをつけるべきか…をつけるべきか迷った


785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 23:26:21.65 ID:PN76r9oI0
さすがに完全なハッピーエンドはあり得ないから、救いのある
ちょい鬱エンドくらいにしようぜ。


790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/22(火) 23:59:32.34 ID:ewuT4y7j0
私は幸せなんだろうか?いやきっと幸せだ。こんなにも私を助けてくれる親友がいる…
でも私は親友を心配させてしまっているこの事実は覆せない…なら私はどうしたらいいの?

朝のHRから私は机に突っ伏して寝たふりをしていた
そこにいつもの如くあの二人が来た
クラスメイト1「どったの?www銀ちゃんwww寝たふりなんかしちゃってwwwww」
クラスメイト2「屋上行こっか?wwwあ、じゃねぇwww行くんだよwwwww」
銀「あ、はい…」

屋上のドアを開ける…今日は一段と風が強い

クラスメイト1「いい風だこれwww」
クラスメイト2「じゃああれやるってばよwww」
銀「…き、今日は何するんですか?」
クラスメイト1「ま、ま。慌てない慌てない」
クラスメイト2「一休み、一休みwwwww」
銀(ああ、風が気持ちいい…)
クラスメイト1「ちょっとフェンスの向こう側に行ってみようか」
銀「は?え?」
クラスメイト2「さ、さ。どうぞどうぞ。一名様ごあんなぁーい」
フェンスの向こう側を指差す
銀「…わかりました」

何かだんだん答が見えてきた気がする


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:00:28.04 ID:UdCgDRnx0
クラスメイト1「フェンスの外周を回ってもらうけどスタンバイおk?」
銀「…」
クラスメイト2「用意できたかきいてんだよ!!!」
フェンスをガシャンと蹴られてふらつきひざを突く
クラスメイト1「おい、おい落ちるのはまだはぇえよ」
クラスメイト2「せいぜいフェンス外周9/10あたりのところで…」
クラスメイト1「ねぇ?」
銀「わかりました…やればいいんですよね」
クラスメイト1「話がわかる子でパパ助かっちゃうwww」
クラスメイト2「銀ちゃんは頭がいいねぇwww」

何のことはないただ高いところ歩く、ただそれだけだった。
流石に歩いてる最中はフェンスを蹴ることはしなかった。
私は難なくこなしてしまった。

クラスメイト1「あらら。楽勝ですか…」
クラスメイト2「まあまあ、お父さん。誰にでもとりえはあるもんですよ」
クラスメイト1「むうそうか…そうだな。じゃあ父さんもう行くから」
クラスメイト2「銀ちゃんも早く教室に着なさい。寝た振りしなきゃでしょ」
というと二人はそそくさと教室に戻ってしまった…

私はフェンスの向こう側のヘリに座って街をぼぉーっと見ていた


792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:01:00.15 ID:UdCgDRnx0
ああ、何だ…簡単だ…私には翼がある…この翼で荒んだこの場所から飛び立てばよかったんだ…
気付くと私は屋上のフェンスの向こう側のヘリに立っていた…もう戻ろうとしても理由はわからないけど
戻れない気がした…いや私なんかがいていい世界じゃなかったのよ…
私に関わる人が、関わってしまったがために不幸になるところをみたくはない…
悲しい顔は見たくない…悲しいのは私だけで十分…

ここから飛び立てたら…いえ、飛ばなければいけない…んだと思う

4限目終了のチャイムがなる、途端に構内が騒がしくなる

そんな騒がしさのなかドカーンとした音と共に屋上のドアが開けられた
翠「なにやってるんですぅ水銀燈!!!」
振り向くと息を切らせて叫ぶ翠星石がいた
蒼「何やってるんだ!!!水銀燈早くこっちに!!!」
続いて蒼星石も入ってきた…あんたたちホント仲いいわね
雛「す、すいぎんとー、な、なにしてるのー」
真紅「水銀燈…!あなた…」
遅れて真紅と雛苺が入ってきた

気持ちのいい風が吹き抜ける


793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:01:23.14 ID:UdCgDRnx0
銀「…色々考えたのよぉ、私」
真紅「何を?取り合えずこっちに」
銀「私今まで自分さえよければいいと思ってたわぁ」
真紅「…」
銀「でもね違った…私あなたたちに甘えてただけね」
雛「…そんなことないのーヒナも真紅とか水銀燈に甘えてるのー」
銀「私雛苺みたいに可愛くないし傲慢な女…だから皆に迷惑かけちゃったわぁ」
翠「そんなこといったら私だっておなじですぅ」
蒼「水銀燈は自分をそこまで…」
銀「二人は優しい子ねぇ…見習わないとぉ」
真紅「水銀燈…傲慢だったら私も負けてないつもりだわ」
銀「いいえ…真紅ぅ、あなたには思いやりがあるじゃなぁい」

真紅「ともかく早くこちらに!私があなたの悲しみを癒してあげる」
雛「いっぱい!いーっぱい!うにゅ?あげるの」
翠「はやくするですぅー!スコーン焼いてあげるですぅ」
蒼「危ないから早く!はやく!!!」

銀「ごめんなさい…もう、もう戻れないだってあなた達今すごく悲しい顔してる…そんな顔もうみたくない」

真紅「聞こえなくてよ、早くこちらに」

爽やかな風が吹き抜ける…


794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:03:26.98 ID:UdCgDRnx0
銀「ありがとうねぇ、真紅、雛苺、翠星石、蒼星石…そしてごめんなさい」

真紅「あ、あなた何を…」

皆は驚いてたみたいだけど
私は最後に満面の笑みで


銀「ごめん、ごめんね…じゃあね…ありがとう」



彼女の体は宙に浮いた…黒い羽と共に…




796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:05:01.65 ID:hGWgN9GN0
GJ

これで心置きなく10時間半のフライトに旅立てる


797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/23(水) 00:06:09.72 ID:tQglluSdO
ありがと
救われた気がするよ
今晩は悪夢を見ずにぐっすり深く眠れそうだ


801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 00:09:14.14 ID:w+qTou780
乙でした


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
彼のスレ…ではなさそうだな
2008/04/22(火) 17:24 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
俺くんキメェwww
2008/04/22(火) 17:34 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
俺のスレが乗ってるwww(別の意味で)
2008/04/22(火) 17:35 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
「俺」がアホみたいにきめぇwwwwwwwwwwwwww
2008/04/22(火) 18:03 | URL | 名無し@やる夫速報! #-[ 編集]
自分の通ってる学校だと半分以上は休み時間に
机に伏せてるから全く気にならないな。
2008/04/22(火) 18:05 | URL | Qarson #-[ 編集]
>>99はVIPをなんだと思ってんの?
死ねよクソボケ新参が
2008/04/22(火) 18:17 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
※6はVIPをなんだと思ってんの?
死ねよクソボケ新参が
2008/04/22(火) 18:44 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
昔あった色々なことを思い出して
複雑な感情を抱くスレだったな
2008/04/22(火) 19:28 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
クラスに一人はいたな
2008/04/22(火) 19:29 | URL | 蒸発した名無し #-[ 編集]
VIPもリア充が台頭してきたからな・・・
ニー速に移動するしかないか
2008/04/22(火) 19:34 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
最初のIDの奴がきつい。
正直言って吐きそうになった。
2008/04/22(火) 19:44 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
保存するかどうか悩む記事だが・・・
バッドエンドは俺のガラに合わねえからパス、パス
2008/04/22(火) 19:57 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
追加されたレス(>>726~)を補完しました。
2008/04/23(水) 00:25 | URL | 管 #-[ 編集]
時期的に辛い。
2008/04/24(木) 20:40 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ch4u.blog120.fc2.com/tb.php/52-ca4343f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。