スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 童話風のルルーシュ1/2

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:16:08.99 ID:VOQpUkO80
「白雪姫」

むかしむかし、あるところにルルーシュというお妃がいました。
彼女にはシャーリーという美しい娘がいて、ルルーシュはたいそう可愛がっていました。

シャーリーが7歳になったある日、ルルーシュは魔法の鏡に向かってこう言いました。

ルルーシュ 「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命ずる……」

ルルーシュ 「この世で一番美しいのは誰か答えよ!」

パァァァァァァァ!!

ルルーシュ 「し、しまった! やめ、やめろおおおおおおおおおおおおぉ!!」

ルルーシュ 「……。この世で一番美しいのは、シ、シ……C.Cです」

C.C 「ほう、私をそんな風に思っていたのか」

ルルーシュ 「き、貴様!!」

C.C 「だが残念だ、ルルーシュ。私はお前のような童貞ボーヤには興味はない」

ルルーシュ 「く、くそおおおおおおおおおお!!」



シャーリー (……私の出番まだかなー)
357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 21:31:57.39 ID:CbIifpOVO
まとめ

「白雪姫」>>1
「ウサギとカメ」>>2->>4
「シンデレラ」>>9->>35
「赤ずきん」>>37->>59
「ヘンゼルとグレーテル」>>104->>117
「マッチ売りの少女」>>121->>126
「浦島太郎」>>129->>152
「狼少年」>>159->>164
「桃太郎」>>165->>197
「ジャックと豆の木」>>254->>267
「北風と太陽」>>270->>287




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:19:21.14 ID:VOQpUkO80
「ウサギとカメ」

むかしむかし、あるところに足の速いスザクというウサギと、頭は良いが足の遅いルルーシュというカメがいました。
二人はとても仲良しでしたが、二人で野原を走り回ると、いつもルルーシュが遅れてしまいます。

ルルーシュ 「はぁっ、はぁっ、体力馬鹿が……」

スザク 「大丈夫かい、 ルルーシュ?」

そのたびスザクがルルーシュを気遣って手を差し伸べてくれます。
しかし、その行為をルルーシュは自分に対する辱めとしか思っていませんでした。

ルルーシュ (くそ、野生の世界は運動能力が全てだというのか……?)

ルルーシュ (僕が勝たなければ、この世界は差別に染まってしまう!!)

その日ルルーシュは、スザクにかけっこの勝負を申し込みました。
スザクはそれを快く引き受け、明朝にかけっこをすることになりました。

ルルーシュ (スザク……なんとしてでも勝ってやるからな!!)


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:20:36.03 ID:VOQpUkO80
翌日、ルルーシュとスザクはブリタニア山の麓で落ち合いました。

ルルーシュ 「やあ、スザク。今日はよろしく頼むよ」

スザク 「ああ、ルルーシュ。君とかけっこするのは初めてだね。楽しみで、昨晩は眠れなかったよ」

ルルーシュ 「ははは……。スザク、寝不足じゃないか?目が赤いぞ……」

スザク 「そうかい?」

二人の目があいました。
それを合図に、ルルーシュが叫びます。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:21:57.87 ID:s3ybubgl0
ちょっといいかも


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:22:15.41 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「枢木スザク に命ずる! お前は一割の力で走れ!」

スザク 「え、なにを……」

パァァァァァァァ!!

スザク 「ああ、わかってるよ。もちろん一割の力で走るさ」

ルルーシュ 「ふっ……」





C.C 「ルルーシュ、今日のかけっこはどうだった?」

ルルーシュ 「うるさい! お前は黙ってろ!!」

C.C 「その様子だと負けたようだな。ギアスは使わなかったのか?」

ルルーシュ 「やめろおおおおおお!! それ以上言うなあああああああ!!」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 02:23:57.27 ID:aeetM2XIO
>>5
ルルーシュ遅過ぎだろwwwwwww


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:25:20.80 ID:VOQpUkO80
「シンデレラ」

むかしむかし、あるところにナナリーという美しい少女がいました。
しかし彼女はブリタニア家に引き取ってもらった身分。
そのため、いつも三人の義姉からいじめられていました。

コーネリア 「ナナリー。私たちはこれから舞踏会へいく」

ナナリー 「はい、コーナリアお姉さま。楽しんできてください」

ユーフェミア 「ナナリー。あなたはお屋敷の掃除でもしていてくださいね。私たちがあなたのぶんまで楽しんできます」

ナナリー 「はい、ユーフェミアお姉さま。お屋敷をピカピカにして待っております」

ジェレミア 「ナナリー。おはようございました」

ナナリー 「今は夜だ。黙ってろオレンジ」

三人の姉はナナリーにひどい言葉を浴びせると、ブリタニア城へと出かけました。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:30:50.72 ID:VOQpUkO80

一人掃除をするナナリー。健気に頑張る彼女ですが、やはり年頃の女の子です。
舞踏会で王子様と踊る自分を想像しては、打消し、また想像しては打ち消し……の繰り返し。
そうすると掃除も手につかなくなってしまい、ナナリーはふぅ、と溜め息をつきました。

ナナリー (私だって女の子です……。綺麗なドレスも着たいのです)

ナナリーは自分のみすぼらしい洋服を見て、更に深い溜め息をつきました。
すると、次の瞬間――彼女の前に一人の魔法使いが表れました。

C.C 「私は魔女。ナナリー、力がほしいか?」

ナナリー 「力……ですか?」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:36:31.17 ID:VOQpUkO80
C.C 「ああ、その力があれば、綺麗なドレスだって着れる。王子様と素敵な夜を過ごすこともできる」

ナナリー 「素敵……」

C.C 「条件は、0時までに帰ってくることだ。そうしないと、大変なことが起こる」

ナナリー 「わかりました。その条件、飲みます」

C.C 「良いだろう。契約だ……」

そういうと、魔法使いはア○ムの書類を数枚取り出し、ナナリーに何度かサインさせました。
最後に判子を押すと、契約は完了です。ナナリーは札束を右手に、莫大な利子をブリタニア家に背負わせて、城へと向かいました。

高級リムジンに乗り、綺麗なドレスとネックレス、そして透き通るようなガラスの靴を身につけたナナリーは、まさにお姫様のようでした。
城につきリムジンから降りると、運転手にチップを渡してナナリーは舞踏会へと向かいました。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:43:23.06 ID:VOQpUkO80

クロヴィス 「なんとお美しいお方……是非、私と踊りを」

シュナイゼル 「私と踊りはいかがでしょうか、小さなお姫様」

皇帝 「オールハイルブリタニアアア!」

舞踏会へ着くと、ナナリーはモテモテでうはうはの状態でした。
彼女はメンクイだったので、シュナイゼルを踊りの相手に選び、踊りを楽しみました。

しかし、時はやってきました。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:50:10.57 ID:VOQpUkO80

ナナリー (いけない、もうそろそろで0時だわ! 帰らないと!)

シュナイゼル 「どうしました? お姫様」

ナナリー 「あの私、そろそろ帰らないと……」

シュナイゼル 「何故……あっ!!」

ナナリーは引き止めるシュナイゼルを無視して、全力で振り切りろうとします。
しかし、シュナイゼルがあまりにしつこかったので、最後は金にものを言わせてシュナイゼルを納得させました。
そうして、ナナリーは元いた屋根裏部屋へと戻ってきたのでした。


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:55:07.29 ID:VOQpUkO80
ナナリー (素敵なひと時でした……)

C.C 「どうだった? 舞踏会は楽しめたか?」

ナナリー 「あ、はい!とっても楽しかったです!!」

C.C 「それは良かった」

ナナリー 「魔法使いさん。0時超えたら起こる大変なことって……」

C.C 「気にするな。君には関係ない」

ナナリー 「そうですか……。ありがとうございました!!」

C.C 「いい夢を見るんだぞ、ナナリー」

その夜、ナナリーはぐっすり眠りました。
その日、日付の変更と共に金融の利率が大幅に引き上げられる法律が適用されたことも、ナナリーには全く関係ありませんでした。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:59:00.66 ID:VOQpUkO80

翌日、ブリタニア城では騒ぎが起っていました。

シュナイゼル 「一同!! 昨日の娘を探すんだ!! 昨日の娘を探せ!!」

ΩΩΩ<イエス・ユア・ハイネス!

一時は金に惑わされたシュナイゼルですが、やはりナナリーのことが忘れられませんでした。
シュナイゼルは彼女を愛してしまったのです。

シュナイゼル 「しかし、顔をあまり覚えていない……。どうすればいいのだ」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 02:59:49.03 ID:VOQpUkO80

マオ 「僕に任せてください。シュナイゼル様」

シュナイゼル 「君は……」

マオ 「僕はマオ。人の心を読み取る能力を持っています。私の力を使えば……」

シュナイゼル 「素晴らしい! 今から街へ向かおう!!」

そしてシュナイゼルとマオ、その手下たちは街へと向かいました。
その様子を、一人の皇族が眺めていました。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:01:20.91 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「聞いたか、C.C。シュナイゼル兄様が、昨夜の娘を探しにいかれるそうだ」

C.C 「興味ないな。それに、どうせ彼には見つけることはできない」

ルルーシュ 「それがどっこい。マオという不思議な力をもった男を連れて行くそうだ」

C.C 「マオ!? いけない、彼を街の娘たちのもとへ向かわせてはいけない!!」

ルルーシュ 「知り合いなのかい?」

C.C 「ああ、昔のな……」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:03:09.43 ID:VOQpUkO80

一方そのころ、シュナイゼルとマオは街へと辿り着きました。

(見ろよ、皇族だぜ) (シュナイゼル様素敵……) (一体、なんの用事かしら?)

(シュナイゼル様の横にいる、あの怪しい男はなんだ?) (おっぱい! おっぱい!)

マオ (これだから街は嫌いだ。人間たちは醜い……)

シュナイゼル 「どうされました? マオさん」

マオ 「な、なんでもない。さあ、早く行こうじゃないか!」

そしてマオ達は、町の娘に片っ端から質問をしていきました。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:05:05.37 ID:VOQpUkO80

シュナイゼル 「昨晩、君はなにをしていたか教えてもらえるかい?」

ヴィレッタ (昨晩はガキの使い見て、それからカップラーメン食って……)

ヴィレッタ 「父たちと晩餐会を楽しんでおりましたわ、シュナイゼル様」

マオ (体面を保ちたいか、醜い……)


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:08:37.35 ID:VOQpUkO80

シュナイゼル 「昨晩、君はなにをしていたか教えてもらえるかい?」

ユーフェミア (昨晩は貴族の方と、一夜を共にして……)

マオ 「!!」

ユーフェミア (あの方のモノはすごかったわ。ルルーシュとは比べ物にもならない……)

マオ 「シュ、シュナイゼル様! 次へいきましょう!!」

シュナイゼル 「え、なぜだい?」

マオ 「い、いいから!(このような破廉恥な思想、聞くにたえない!)」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:09:23.66 ID:8I4G3k7n0
ユフィがwwwwwwwwww


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:10:30.73 ID:VOQpUkO80
シュナイゼル 「昨晩、君はなにをしていたか教えてもらえるかい?」

コーネリア (昨夜か……。五人の男を一度に相手して疲れたな)

マオ 「お、おうふっ!!」

コーネリア (様々な性癖をもつものもいたが……あれはあれでそそられた。私もどうやら開発されたみたいだな)

マオ 「う、うう……」

コーネリア (しかしあの、ぶっとい《自主規制》はすごかった。死ぬような快感だったな。思い出しただけで……)

マオ 「やめ、やめろおおおおおおおおおおお!!」

シュナイゼル 「マ、マオさん!?」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:11:31.20 ID:QmCSEX3u0
なんとなくルルってちっちゃそうだよな。対してスザクがものすごくデカそうだからウザい


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:12:58.46 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「なあ、C.C」

C.C 「なんだ?」

ルルーシュ 「なんであのマオという男、街へ向かわせてはいけなかったんだ?」

C.C 「ああ、そのことか……。気になるか?」

ルルーシュ 「もったいぶらず教えろ」

C.C 「マオはな、女の肌もほとんど知らない初心なんだよ。所謂、童貞ボーヤなんだ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:14:20.07 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「それで?」

C.C 「あそこの女たちの心はマオには少々刺激的過ぎる。そういうことだ」

ルルーシュ 「可哀想なやつだ……」

C.C 「ルルーシュ。お前が思ってる以上に、街の娘たちは性に対して解放的だぞ」

ルルーシュ 「知っている。一度ユーフェミアという娘を、ひぃひぃ言わせたからな」

C.C 「……お前も可哀想だな」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:17:01.07 ID:VOQpUkO80

玉城 「……」

玉城 「……はぁ」

ジェレミア 「おはようございました」

玉城 (なんで舞踏会で、こんなのをお持ち帰りしちまったんだろう……)

ジェレミア 「朝からもう一度、いかがです?」

玉城 「や、やめろおおおおおおお!!」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:18:57.45 ID:KPzdYTHDO
これは同人でいける


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:20:09.48 ID:VOQpUkO80

「赤ずきん」

むかしむかし、森の奥深くにある小さな家に、仲の良い母娘が住んでいました。

お母さん 「カレン、ミレイさんのところへお使いにいってくれる?」

カレン 「うん!!」

お母さん 「カレンは素直でいい子ね。気をつけていってらっしゃい!!」

お母さんはカレンにリフレインを持たせると、お使いに出かけさせました。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:22:19.87 ID:VOQpUkO80

カレン 「お使いかー……。歩いていくのも面倒くさいな」

カレン 「そうだ!!」

カレンは目を輝かせると、家の裏においてある紅蓮弐式に乗り込みます。

カレン 「これならあっという間に着くわ」

紅蓮弐式と共に、カレンは森の中を疾走していきました。


39 名前:見てるやついんのかww?[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:24:22.01 ID:VOQpUkO80

一方その頃、ミレイの家では大変なことが起こっていました。

ミレイ 「な、なにするの? 狼さん」

ルルーシュ 「うるさい!! 俺は狼だ!! 狼とはすなわち、女を襲うのだ」

C.C (なんという童貞思想……)

ミレイ 「誰か助けてー!!」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:26:26.43 ID:l5abRnSL0
童貞思想www


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:27:20.38 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「ははは、どうせこんなところには誰も来やしない!」

C.C 「そうか? 原作どおりだと、このあと猟師が鉄砲をもってここへ来るぞ?」

ルルーシュ 「ふん、そのときはギアスを使えばいいさ。ふふふ……はーはっはっはっは!!」

小さな小屋に、狼の高笑いが響きました。


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:29:58.94 ID:VOQpUkO80

一方そのころ、カレンは森の中を猛スピードで駆け抜けていきます。

カレン 「やっぱり森って気持ちいい。なんていうか、こう、故郷みたいな……」

道中、素敵な花を見つけました。
紅蓮弐式のアームを使い、花をいくつか摘みました。何故か、全て燃えてしまいましたが。

カレン 「変なの……。ま、いいか」

カレンは気を取り直して、紅蓮弐式を発進させます。
ときに火を噴きながら、地面を引き裂きながら。


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:33:11.70 ID:VOQpUkO80

カレン 「あ、リスさん発見! おーい、リスさん!!」

リス 「!! う、うわあああ、来るなああああああ!!」

カレン 「あ、ウサギさん!!」

ウサギ 「逃げろおおおおおおお!!」

カレン 「あ、大きな木。素敵!」

樫の木おじさん 「く、くるなああああああ!!」

カレン 「あ、こんなところに果物!!」

ジェレミア 「……」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:36:38.31 ID:VOQpUkO80

カレン 「おかしーなー……?」

何故か、森の植物も動物もみなカレンを避けていきます。
以前はとても仲良しだったのに……。カレンは、不信感を抱きました。

カレンは紅蓮弐式から降り、森の様子を見直します。
すると、大変な状態になっていました。

カレン 「森が……私たちの森が……燃えている?」

そうです。森は大火事になっていました。
カレンが育ってきた森が、カレンを育ててきた森が。

カレン 「嘘だ。嘘だああああああああああああ!!」

カレンの悲しみと、紅蓮弐式の炎は森中を駆け抜けていきました。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:40:29.86 ID:vPB/D5DO0
輻射波動ってスロットル回さないと使えねぇだろwwwwwwwww


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:40:58.19 ID:VOQpUkO80

そのときです。カレンは、誰かの笑い声を耳にしました。
その声は本当に愉快そうで、カレンの心情を逆撫でしているようでした。

カレン (まさか、こいつが……!!)

その声は、ある小屋から聞こえてきます。
カレンは紅蓮弐式に再び飛び乗り、小屋へと猛発進させました。

そして、「赤ずきん」こと紅蓮弐式は小屋へと突っ込みました。


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:44:08.08 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「やりでも鉄砲でも隕石でもかかってこい! ははははは!!」

ミレイ 「うう……」

C.C 「……!! ルルーシュ!!」

ルルーシュ 「ははははははっ……ぐおおおおおおおおおお!!」

ルルーシュは、突如突っ込んできた紅蓮弐式に跳ね飛ばされました。
小屋は半壊で、紅蓮弐式の炎で燃え始めています。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:46:12.99 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「な、なんだ! 貴様は!!」

カレン 「お前に名乗る名などない! お前だな、森を滅茶苦茶にしたのは!!」

ルルーシュ 「なんの話だ!!」

カレン 「森が大火事だ! 犯人はお前以外にいないだろう!!」

ルルーシュ (どうみてもそのナイトメアのせいだろう……)

ルルーシュ 「C.C!! 猟師どころか、ナイトメアがきたぞ! これではギアスもつかえない!!」

C.C 「計画には常にイレギュラーがある。ルルーシュ、お前が一番知っているだろう?」

ルルーシュ 「う、ううっ……」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:47:50.39 ID:VOQpUkO80

カレン 「黙れ悪党!! 私たちの森を返せえええええええ!!」

ルルーシュ (わ、私はこんなところで死ぬのか!?)

カレン 「うわああああああああああ!!」

ルルーシュ (た、たがが小娘の勘違いで……死ぬというのか?)

ルルーシュ (ならば、死ぬ前に……)

ルルーシュ 「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる! お前は全裸になれ!!」

パアァァァァァァァ!

ミレイ 「はい、わかりました」

ルルーシュ 「う、うおおおおおお!! これで死ねる!!本望だあああ!!」



C.C 「流石ルルーシュだ……。お前の死に際、しかと目に焼き付けたぞ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:49:52.97 ID:VOQpUkO80
ルルーシュ 「さて……」



       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|      書き溜めがきれた・・・
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /三三三| |三三|
       /        /三三三ニ=| |三三|
--─==ニニ/      /| |三三三三=| |三三|`ニニ=- 、__
三三三三.|        /三! !三三三三=! !三三三三三三三三
三三三三.|        |ニニ! !三三三三=! !三三三三三三三三


61 名前: ◆801bBLJJQw [] 投稿日:2008/04/20(日) 03:50:37.58 ID:g8H5XbX50
>>60
あんた最高だよ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:52:28.95 ID:VOQpUkO80
>>61
そういってくれると、ありがたい
100まで伸びればいいやとか考えたから、ちょっと吊ってくる


ちょっと書き溜めてみるわ


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:52:31.85 ID:bYMs9CpzO
ここの>>1は間違いなく童貞…いや違った童話作家だ!


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:56:03.36 ID:bjfpo0zb0
おつww
面白かったぜwwww追記がんばれw


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 03:58:48.98 ID:VOQpUkO80
お前らどこから湧いてきたんだwwwww
投下中はガン無視してたくせに・・・がんばるよ

ちなみに他の人もネタ思いついたら、適当に投下しておk

>>66
保守ありがとう。助かる


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:22:01.83 ID:VOQpUkO80

「ヘンゼルとグレーテル」

むかしむかし、あるところに仲の良い兄弟がいました。
男の子はヘンゼル、女の子はグレーテルという名前です。

そんなある日、二人は森で木の実をとってくるよう、母親に言われました。

ユーフェミア 「いい? ヘンゼル、グレーテル。途中でわき道にそれたりしたら駄目よ?」

ルルーシュ 「ああ、わかってるよ。母さん」

C.C 「この品行方正の私に向かって、そんな口の利き方をするか」

二人は快い返事をし、二人で仲良く森へと向かいました。


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:25:42.41 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「グレーテル。日が暮れないうちに、さっさと終わらせてしまおう」

C.C 「ああ、そうだな」

二人は森の中を出来る限り早く歩き、目的地まで向かいます。
鳥たちがギャアギャアと騒ぎ、木の葉がザワザワと揺れる。
今日の森は、ちょっと不気味でした。

ルルーシュ (なにかあったら、僕がグレーテルを守らないと……)

C.C (なにかあったら、ヘンゼルを盾にして私を守らないと……)

二人は仲がいいので、考えていることも常に一緒でした。
そんな二人が、道に迷ってしまったのはそれから数分後のことでした。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:29:28.37 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「困ったな……」

C.C 「そうだな……。ん? ヘンゼル、なんか良い臭いがしないか?」

ルルーシュ 「え、するかい?」

C.C 「ああ、するぞ。こっちだ……」

グレーテルはなにかに釣られているかのように、ふらふらと森をさ迷います。
ルルーシュは止めようとしましたが、ついていくのが精一杯でした。

そして、しばらくすると二人は大きな家を見つけました。

ルルーシュ 「やった! ここに住んでる人に、助けてもらおう!!」

C.C 「待て、ヘンゼル。この家なんかおかしいぞ……」

グレーテルはそう言うと、家の壁に近づきます。
そしておもむろに――かぶりつきました。


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:34:37.91 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「なにをやってるんだ!!」

C.C 「ガブリ……これはピザ!!」

ルルーシュ 「え?」

C.C 「聞いて驚くがいい、ヘンゼル。この家は、ピザで出来ているぞ」

そう言うなり、グレーテルはそのピザの家をどんどん食べ始めました。
ヘンゼルは良心が痛み、ほとんどピザを口にしようとはしませんでした。


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:39:24.15 ID:VOQpUkO80

ピザの家が残り僅かになったころ、グレーテルがヘンゼルに聞きました。

C.C 「ヘンゼル、君はピザを食べないのか?」

ルルーシュ 「僕はいいよ。お腹いっぱいさ」

そのとき、ヘンゼルの腹の虫がぐーっとなりました。
二人は思わず、くすっと微笑みます。

C.C 「食べておけ、ヘンゼル。少しだけでもいい」

ルルーシュ 「じゃあ少しだけなら……」

グレーテルは、指先でほんのちょっとだけピザを千切り、ヘンゼルに渡します。
ヘンゼルは、それを口の中に放り込みました。
それと同時に、ピザの家は跡形もなく無くなってしまいました。


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:44:04.01 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「おいしい……!!」

C.C 「そうだろう。ところで、ヘンゼル」

ルルーシュ 「なんだい、グレーテル?」

C.C 「君は今、ピザを食べたな?」

ルルーシュ 「あ、うん。ちょっとだけね」

C.C 「食べたんだよな?」

ルルーシュ 「う、うん」

C.C 「そうか、それならば……」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:47:25.96 ID:VOQpUkO80

C.C 「ところでヘンゼル。この家に住んでるのは、とても怖い魔女らしい」

ルルーシュ 「そ、そんな! 大変じゃないか!!」

C.C 「ああ、なんでも子供嫌いで、子供を焼いて食ってしまうそうだ」

ルルーシュ 「は、早く帰らな……あっ!」

ヘンゼルが素っ頓狂な声をあげます。
ヘンゼルは見てしまいました。向こうから、魔女が顔を真っ赤にしてやってくるのを。

ルルーシュ 「グレーテル!! もう魔女が来てる!!」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:50:52.21 ID:VOQpUkO80

C.C 「そうだな……。私もヘンゼルもピザを食べてしまった」

ルルーシュ 「そうはいっても、999%は君が食べたじゃないか」

C.C 「パーセンテージ? そんなのは関係ない。問題は、食べたか食べてないか、だ」

ルルーシュ 「裏切るのか?」

C.C 「ヘンゼル。私とお前は、ただの共犯者だ。大人しく一緒に、魔女に許しを請おう」

ルルーシュ 「く、くそおおおおおお!!」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:51:10.32 ID:VOQpUkO80

グレーテルにまんまとはめられたヘンゼルは、がっくりと肩を落としました。
グレーテルは、ニヤリと笑いながらヘンゼルの肩にぽんと手を置きました。

C.C 「ピザ、おいしかったな」

ルルーシュ 「黙れ!!」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:51:54.24 ID:VOQpUkO80
「ヘンゼルとグレーテル」 おしまい


121 名前:本編見てないとわからないかも[] 投稿日:2008/04/20(日) 12:56:51.90 ID:VOQpUkO80

「マッチ売りの少女」

むかしむかし、あるところに貧乏な少女がいました。
彼女の名はニーナ。街の人たちからは、「マッチ売りの少女」と呼ばれています。

ニーナ 「マッチ、マッチはいりませんかー」

彼女はかんかん照りの日も、雨の日も、雪の日も、風の日も、マッチを売り続けます。
どんな日でも必ずマッチを打っているので、そう呼ばれるようになったのでした。

しかし、彼女のマッチは全く売れませんでした。

ニーナ 「どうして売れないんだろう……」

そんなことを呟いていると、一人の貴族が近づいてきました。


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:00:36.99 ID:VOQpUkO80

ロイド 「んー、面白そうなものを売ってるねぇ」

ニーナ 「買ってくれるんですか?」

ロイド 「マッチでしょ? 235円の」

ニーナ 「はい、そうなんです! このマッチは(ry」

そこからは少女のマシンガントークが始まります。
どうにかしてマッチを売ろうと、必死にマッチの必然性を訴えます。


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:03:26.86 ID:VOQpUkO80

ロイド 「あは! それは素晴らしい」

ニーナ 「!! じゃ、じゃあ買ってくれるんですね?」

ロイド 「残念でした?。一言も買うとはいってませ?ん」

ニーナ 「!!」

それ以来、マッチ売りの少女が現れることはなくなったそうな。

「マッチ売りの少女」 おしまい


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:05:50.60 ID:R3hUTzLY0
オナニーナざまぁwwwwwwww


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:06:44.22 ID:VOQpUkO80

「浦島太郎」

むかしむかし、あるところに浦島太郎というたいそう誠実な青年がいました。
彼の唯一の趣味は釣りで、今日は浜辺へと出かけます。

スザク 「今日は大量だといいな……」

スザクか浜辺へやってくると、なんと四人の子供が亀をいじめていました。
スザクはそれを見かねて、四人に声をかけます。

スザク 「君達、やめるんだ!」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:09:29.38 ID:VOQpUkO80

千葉 「うるさい! こいつが私たちに災いをもたらすんだ!」

朝比奈 「こいつは殺すべきだ……」

仙波 「そういうことだ」

卜部 「文句あるなら、かかってこい!!」


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:12:45.57 ID:VOQpUkO80

鼻息の荒い四人に対して、浦島太郎は溜め息をつきます。
そして、四人に説教を始めました。

スザク 「暴力で解決しようなんて間違ってる。
     そんなに亀をいじめたいなら、自分の亀をいじめて悶えてればいいのに」

その発言のお陰もあってか、四人の子供たちはそそこさと退散していきました。
そして浦島太郎は、いじめられていた亀を介抱してやります。


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:16:25.35 ID:VOQpUkO80

スザク 「大丈夫かい?」

ルルーシュ 「くそっ! なぜまた亀なんだ!!」

スザク 「なにをわけのわからないことを……。とりあえず、手当てをしよう」

ルルーシュ 「ふん、このお人よしが……」

浦島太郎は亀を丁寧に手当てしてやりました。
そのかいもあってか亀は元気になり、お礼に浦島太郎を竜宮城へ連れて行くといいだしました。


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:21:00.82 ID:VOQpUkO80

スザク 「いいよ、別に」

ルルーシュ 「いいから、来るんだ。そこにはこの世にはない、楽園がある」

スザク 「僕はこの世で満足している。だから、いいんだ」

ルルーシュ 「このわからずやがぁ!! 枢木スザクに命じる――」

不思議な力を使われて、浦島太郎は竜宮城へと行くことになりました。
途中海の中で何度も気を失いそうになりましたが、絶対遵守の力でそれは許されませんでした。


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:23:00.12 ID:A+blpEl+O
亀wwwww


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:26:03.31 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「着いたぞ。降りろ、もう酸素はあるはずだ」

スザク 「夢のような話なのに、酸素不足なんて夢がないんだね」

ルルーシュ 「海に潜っていいのは、窒息する覚悟のあるものだけだ」

スザク (自分が連れてきたくせに……)

亀にうながされるままに、浦島太郎は竜宮城の本殿へと入りました。
そして、そこには可愛らしい乙姫がいました。

神楽耶 「ようこそ、竜宮城へ。うちの亀を助けてくださったそうで」

スザク 「いえ、たいしたことではありません」

神楽耶 「どうぞ、好きなだけおくつろぎください。私たちは、あなたを歓迎します」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:31:14.03 ID:VOQpUkO80

それから数年、浦島太郎は夢のような生活を楽しみました。
毎日魚たちとたわむれ、乙姫と談笑し、海を中から眺める。
争いのない生活に、浦島太郎は幸せを感じていました。

しかし、浦島太郎には気がかりが一つありました。

スザク 「乙姫、実は私にはユーフェミアという妻がいます。心配なので、今日にてここを旅立ちます」

神楽耶 「そんな……」

スザク 「楽しかった。本当にありがとうございます。……それでは」

神楽耶 「……はい。では、これを持っていってください」


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:34:45.75 ID:VOQpUkO80

スザク 「これは?」

神楽耶 「玉手箱です。ただし、いざというとき以外、決して開かないで下さい」

そして、浦島太郎は再び亀に乗って、竜宮城を出ました。
その両手に、大きな玉手箱を持って。

その背中を、乙姫様と魚たちは悲しそうに見送ります。
これから起こる、辛い現実を知っているのですから。

桐原 「大丈夫でしょうか、乙姫様。あの男、地上では既に数百年たっていると知ったら……」

神楽耶 「トラフグ、大丈夫です。このとき渡さずして、なんの玉手箱ですか。それに……」

桐原 「それに?」

神楽耶 「玉手箱には、その辛い現実を和らげるように、なるべく楽しくメッセージをこめておきましたから」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:38:42.69 ID:VOQpUkO80

地上についた浦島太郎を待っていたのは、非常な現実でした。
知ってるものは、誰もいない。両親も、最愛の妻も。

スザク 「ユフィ……」

浦島太郎は、ある墓石の前でひざをつきます。そこに刻まれていたのは、妻の名前でした。

スザク 「どうして、どうしてこんなことに……」

ルルーシュ 「浦島太郎よ、今こそ箱を開けるときではないか?」

スザク 「箱……」

何故かまだいる亀にうながされ、浦島太郎は箱を開けることにしました。

スザク 「1,2の3!!」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:41:48.25 ID:VOQpUkO80
          ?  
         / /  パカ
       /  /  
       /  /
      /  /          
      /  /  ノヽ∩   
      /  /   (,,〇) /__< 自分をー世界さえもー変えてしまえそうなー瞬間は何時もすぐ傍にー
     / / / /   /,,/|
    //______/ ",|
   | ̄,,|?| ̄|  |
   |  |?|  |  |
   |  |?|  |  |
   |  |?|  |  /
   |  |?|  |/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:43:07.41 ID:Z+Z+12oA0
>>145
非常すぐるwwww


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:43:15.76 ID:CbIifpOVO
ゼロさんなにやってるんですかwwwww


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:46:10.52 ID:VOQpUkO80

箱から飛び出た物体は、そのまま海へと飛び込みました。
呆然としている浦島太郎に、亀はそっとささやきました。

そうです。浦島太郎が竜宮城にいたのはたった数年ですが、実は地上では数百年の時が経っていたのです。
乙姫様は、それを歌にこめニュアンスを変え、玉手箱にこめたのでした。

ルルーシュ 「乙姫様の気のきいたプレゼントだ。メッセージに込められた意味、しかと受け取るがいい」

スザク 「自分も、時間も、世界さえも一瞬で変わってしまうだと……。うっ、うっ、ユフィ……」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:52:19.39 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「お前が泣いたって、死んだ人間は生き返らない。しょせん、自己満足。どれだけ背伸びしたって、どうせ世界は変わらない」

スザク 「うわああああああああああああああああああ!!」

ルルーシュ 「どうした!! なにが悲しい!?」

そんな様子を、一羽の鶴が見つめていました。

C.C 「亀よ、慰めてるつもりだろうが……それは追い討ちだ」

それから三日三晩、浦島太郎は叫び続けました。
そしてなんやかんやで、亀と鶴と一緒に余生を共にすることにしましたとさ。

めでたし。めでたし。

「浦島太郎」 おしまい


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 13:56:25.13 ID:CbIifpOVO
スザクいじめられすぎだろwww


159 名前:悪い、お花を摘みにいってた[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:16:16.58 ID:VOQpUkO80

「狼少年」

むかしむかし、ある村に一人の少年がいました。
彼の発言はいつも、村に大騒ぎを起こさせます。

ゼロ 「力ある者よ、我を恐れよ!力無き者よ、我を求めよ!世界は我々黒の騎士団が裁く!!」

ΩΩΩ<いいぞいいぞー!!

ゼロ 「私は今ここにブリタニアからの独立を宣言する。その名は合衆国日本!!」

ΩΩΩ<ゼーロ! ゼーロ! ゼーロ!

彼の発言は、人々に勇気を与え続けました。
彼は、村の人々から愛されました。


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:20:17.82 ID:VOQpUkO80

それから数年後、村は以前と変わらないままでした。
しかし、変わったことが一つだけ。

ゼロ 「何故だ! 何故、誰も俺のいうことを信用しない!!」

C.C 「愚問だな、少年よ」

ゼロ 「なんだと!!」

C.C 「世界を裁くといっておきながら、ブリタニア軍には常に劣勢。ランスロットにいつもやられる始末」

ゼロ 「うっ……」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:21:13.49 ID:qFJnk3530
狼関係ねえw


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:23:19.28 ID:VOQpUkO80

C.C 「国を築くといいながら、最終戦争では雲隠れ」

ゼロ 「くっ、うっ……」

C.C 「そんなお前を誰が信用するか? カレンどころか、お前に首ったけの神楽耶にさえ疑われてるじゃないか」

ゼロ 「やめろおおおおおおおおおお!! 本編のことには触れるなああああああ!!」

C.C 「二期では、私を失望させないでくれよ……」

そんな少年は仲間を見捨てるニホンオオカミになぞらえて、村のみんなからは「狼少年」と呼ばれ続けたそうな。


「狼少年」 おしまい


165 名前:ちょいと長め[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:25:32.97 ID:VOQpUkO80

「桃太郎」

むかしむかし、あるところに仲のいいお爺さんとお婆さんが住んでいました。

扇 「千草、山へ芝刈りに行ってくるよ」

ヴィレッタ 「いってらっしゃい。晩御飯までには帰ってきてね」

扇 「ああ、わかってるよ。いってくる」

おじいさんはおばあさんの手を握ると、ナイトメアに乗って山へ向かいました。

ヴィレッタ 「さて、川へお洗濯にいかないと……」

おばあさんは、洗濯物をもって川へと向かいました。


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:29:19.02 ID:VOQpUkO80

おばあさんはせっせと川で洗濯をします。

ヴィレッタ 「二人ぶんだからすぐ終わるわ。……子供、ほしいなぁ」

川上から大きなオレンジが流れてきました。
「全力で見逃す!」「全力で見逃す!」と擬音を立てながら、オレンジは流れてきます。

おばさんはそれに従い(別に言われなくてもそうしたが)、大きなオレンジを見逃すことにしました。
オレンジは「全力で見逃す!」「全力で見逃……ちょ、ちょっと」「全力で……おーい! え、まじで!?」と擬音を立てながら、川下へと流れていきました。

ヴィレッタ 「さて、洗濯終わり。晩御飯を作らないと」

おばさんは家へ戻り、晩御飯の支度を始めました。
そして出来上がると同時に、おじいさんが帰ってきました。


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:33:54.21 ID:VOQpUkO80

ヴィレッタ 「お帰りなさい」

扇 「ただいま、千草。芝を刈ってたら、近くの木にこんな大きなオレンジが生っていたから、とってきたよ」

そういうと、おじいさんは大きなオレンジを床におきました。
今は擬音は発生していませんが、間違いなく川にいたオレンジです。

ヴィレッタ 「まあ、今夜は炙りオレンジね」

扇 「そうだな。半分にしよう」

おじいさんとおばあさんの談笑を尻目に、一人生死をかけた男がそのオレンジの中で息を潜めていました。

ジェレミア (俺は一体どうなるんだ……)


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:37:30.48 ID:VOQpUkO80

結局、オレンジは一刀両断されることになりました。
おじいさんが、大きな斧をとりだします。

扇 「そーれ、死ねっ!!」

ジェレミア 「う、うわああああああああああ!!」

おじいさんがオレンジに斧を振り下ろすと、オレンジは綺麗に二つに割れました。
大きなオレンジですが、中に身は一切入っていませんでした。
代わりに、貴族風の男が入っていました。おじいさんとおばあさんは、たいそう残念に思いました。


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:41:36.29 ID:VOQpUkO80

ジェレミア 「た、助けてくれてありがとう。私の名は……」

扇 「オレンジから生まれたから、レンジ太郎でどうかな?」

ヴィレッタ 「とっても素敵ね」

ジェレミア 「……」

かくして、男の名は「レンジ太郎」となりました。
男は成長期を終えていたためすくすくとは成長せず、とりあえず日々農業に従事していました。


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:44:57.17 ID:VOQpUkO80

一年後、レンジ太郎の周りでは不穏な出来事が起こっていました。
それまでは平和だった村で、盗み、火事、殺し……。
これらは全て、ブリタニアに住むブリタニア軍たちの仕業です。
おじいさんたちイレブンは、彼らを「鬼」と呼びました。

扇 「よく聞け、レンジ太郎」

ジェレミア 「はい、おじいさん」

扇 「今我々は、鬼に苦しめられている。そこで、だ」

ヴィレッタ 「レンジ太郎、あなたに鬼を懲らしめにいってほしいの」

ジェレミア 「お世話になった二人のためとあらば、なんなりと」

こうして、レンジ太郎は鬼退治へ行くことになりました。
おばあさんからは銃を、おじいさんからはナイトメアを餞別にもらいました。


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:47:56.73 ID:VOQpUkO80

道中、レンジ太郎は犬に出会いました。
一人では心細いレンジ太郎は、犬にこう言います。

ジェレミア 「お前、私の仲間になるつもりはないか?」

藤堂 「冗談も休み休み言ってほしい。だれがお前なんかに」

ジェレミア 「……」

犬が去ってしまったので、ジェレミアは仕方なく先に進みます。
目から汗が垂れても、決して気にしません。


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:51:56.10 ID:VOQpUkO80

次に、レンジ太郎は猿に出会いました。
さきほどのトラウマもあるけれど、レンジ太郎はめげずに言います。

ジェレミア 「お前、私の仲間にならないか?」

ルルーシュ 「いいだろう……。だがその前に」

ジェレミア 「なんだ?」

ルルーシュ 「お前のナイトメア、私にくれないか?」

パァァァァァァァ!!

ジェレミア 「もちろんだ。持っていくといい」

ルルーシュ 「ああ、ありがとう」

かくしてレンジ太郎は、猿芝居に騙されておじいさんからもらった大事なナイトメアを盗まれてしまいました。
レンジ太郎がそれに気づいたのは、日も落ちてからのことでした。胸がきりきりと痛みますが、レンジ太郎はめげません。


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 14:52:36.51 ID:NDstbfLq0
不憫すぐる…


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:53:46.25 ID:VOQpUkO80

ジェレミア (仲間もできず、大事なナイトメアも盗まれてしまう。俺は……)

ぐ?、とお腹が鳴ります。仕方ないので、レンジ太郎はおばあさんからもらった銃で狩りをすることにしました。
そしてそのとき、丁度良く雉が飛んできました。

ジェレミア 「ひゃあぅっ!!」

レンジ太郎は尋常ならざるスピードで、雉を打ち落としました。


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:56:45.03 ID:VOQpUkO80

ジェレミア 「今夜は鍋だな……」

ディートハルト 「う……おやめください」

ジェレミア 「ほう、命乞いか?」

ディートハルト 「命だけは……」

ジェレミア 「よかろう、なら私の仲間になれ」

ディートハルト 「……はい」

かくして雉が仲間になりました。
こんな卑怯な取引をもちかけてよかったのだろうか、とレンジ太郎は三日三晩悩み続けましたが、そのうち自然に忘れてしまいました。


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 14:59:58.90 ID:Z+Z+12oA0
ジェレミアがいい人に見えてくる、不思議!


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:00:59.03 ID:VOQpUkO80

それから長い旅を続けました。
ときに雉が脱走を図り、ときに雉がレンジ太郎を攻撃し、ときに雉が戦いの場で裏切り。
厳しい旅でしたが、レンジ太郎はそれを乗り越えてとうとうブリタニアに辿り着きました。

ジェレミア 「やっとここまで辿り着いたな」

ディートハルト 「そうですね」

ジェレミア 「長かったな……。なあ、もしもの話だが」

ディートハルト 「なんです?」

ジェレミア 「もし私が鬼たちを退治したら、金太郎や浦島太郎のように伝記ができるのだろうか?」

ディートハルト 「ははっ、買い被りすぎですよ」

ジェレミア 「……」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:06:07.47 ID:VOQpUkO80

ブリタニアには、沢山のナイトメアが待ち構えていました。
どうやらレンジ太郎がブリタニアに鬼退治に来るということが、事前にリークされていたようです。

ジェレミア 「これは困ったな」

ディートハルト 「しょうがない、私の足につかまりなさい。空からいきましょう」

ジェレミア 「ああ」

これまでの旅と同様に、レンジ太郎は「空を飛ぶ」というチートを使って、ナイトメアたちをかわしていきます。
目指すは、国王のいるブリタニア城です。


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:10:54.54 ID:VOQpUkO80

ジェレミア 「到着だ。ありがとう」

ディートハルト 「ここで、歴史が変わる瞬間が見れるなら、あなたについてきたことも無駄ではなかったかもな」

ジェレミア 「雉……」

ディートハルト 「さあ、さっさとケリをつけようじゃないか」

ジェレミア 「ああ」

しかし、一人と一匹を待っていたのは、予想だにしない人物でした。


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:14:38.69 ID:VOQpUkO80

ヴィレッタ 「おや、レンジ太郎。ずいぶんと早かったな」

ジェレミア 「おばあさん、何故ここに……?」

ヴィレッタ 「取り戻したんだよ、記憶を。私は昔ブリタニアの任務の途中で記憶を失ってな、そこであのイレブンに拾われたんだ」

ヴィレッタ 「そうでなければ、どうして純血の私があの男のもとで生活なんかするか……」

ジェレミア 「おばあさん……」

ディートハルト (……これはこれで視聴率をとれるかもしれんな。タイトルは『実録! これが親子の残酷な運命?記憶喪失の果てに?』てな感じで……)


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:19:12.13 ID:VOQpUkO80

ジェレミア 「おばあさん。……おじいさんは?」

ヴィレッタ 「おばあさんと呼ぶな。虫酸が走る。あのイレブンか?あいつはな……」

ヴィレッタ 「――殺した」

ジェレミア 「お、おばあさん……」

ジェレミア 「記憶をうしなってたとはいえ、優しかったおじいさんを……」

ジェレミア 「なぜ、なぜ……」




194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:22:31.65 ID:VOQpUkO80
 ,..、_      _  __  ..,,__         _,, ,,_  _           __
  l ./====/ \| .l ,、| ./ , 、    \''゙ <.| i=' `l ヽ\     _  7 フ,、
  / /.l`‐- ゙、| |=| .i- l ./= ,>   /,_、.ノ| |.| !∧.| l'    !、`'゙ _,,,..ゝ_,、
. /  |.| || | | |.|`' __'`ノi、l / /    二| /'゙∠,,> = '゙l .|     ゙7 .l ∠~_,,,,.)
 ~| |.| !! |.| .|.| | | .|ヽ. ./     .フ  <'ヾフ / .| .|    /!./ /_  ゙
  | .|.!-'`二l  .|| |._| .|/  `‐-   /,、 |゙、ノ.>  '-┐、 `.-‐'' .// ./ ヾ‐---‐、
  |_,,,|   \_丿!-‐'>,.-'゙~`、/   ` |_,,l/-‐'゙‐、_| `‐- -‐' ヽ_/  `‐- - ‐'

        __
    _,―ヽ / / ̄ ̄ヽ__/i
   /三ニニ=\/ニニヽ_/
.  |く  く ̄ ̄`   ̄ ヽ ニ/
   /∴∵━━   ━━ ヽ
  |∴∵⊂■⊃  ⊂■⊃ |
  |∴::⊂⊃  ┏┓  ⊂⊃ |     ・・・何故 殺した?
 ┃∵∴..     ̄     .┃.
 ┛ \∵∴        /.┗
     丶∵∴ _ ..... . ′
        ┃┃
      :::::::::┛┗


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:24:17.83 ID:CbIifpOVO
>>194
シリアスな展開に水差すなwww


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:25:26.09 ID:VOQpUkO80

ヴィレッタ 「やつがイレブンだったからさ」

ジェレミア 「たったそれだけの理由で……」

ジェレミア 「殺したというのか……」

ヴィレッタ 「そうだ」

ジェレミア 「この鬼め……。おじいさんの敵、うたせてもらおう!!」

ヴィレッタ 「来い」


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:27:04.99 ID:VOQpUkO80

結論から言うと、レンジ太郎はあっさりと負けてしまいました。
しかしレンジ太郎が敗れたあと、犬と猿が雉の仲間になり、なんとかしてブリタニアをやっつけました。
犬と猿と雉は英雄となり、イレブン達から称えられました。

その後、雉監修で様々な特番も組まれました。
三匹の銅像も街に建てられました。
しかし、何故か雉の提案で、その横にオレンジの木が植えられたそうです。

レンジ太郎は仲間も宝も命さえも失いましたが、きっと天国でなにかを思っているのでしょう。
そうでなければ、ときどきその木から「全力で奴らを見逃す!」と聞こえてくるのは、何故でしょうか。

レンジ太郎は、やっぱりまだどこかで生きているのかもしれません。


「桃太郎」 おわり


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:27:31.18 ID:Upmz3wl10
結論から言うとwww


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:28:59.22 ID:TRY11Dsf0
せつな過ぎる


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:29:24.72 ID:VOQpUkO80
書き溜め終了
なんだかわけのわからない終わり方だな。>>194のAAも余計だったかも

さて、あと一時間半のようだね wktk
まだ書く気はあるから、作品名(童話)の希望があれば書いてくれ

さ、一旦お疲れだ
なんかごめんね、本当


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 15:33:13.44 ID:O57OBwLE0
「ギルガメシュの叙事詩」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 15:36:05.17 ID:L1vdkdIbO
イイヨイイヨ
面白かったからおk

おやゆび姫
三びきのやぎのがらがらどん

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 15:36:28.59 ID:ye5H/7Ze0
さんびきのこぶた

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:36:40.25 ID:a+JVgdfc0
白雪姫

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 15:37:32.98 ID:gcjmSExG0
かぐや姫


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:51:02.90 ID:VOQpUkO80
色々希望出してもらってありがたい
でもいくつか知らないのもあるんだが、web上で読めるところってあるのかな?

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 15:52:42.84 ID:WcbLS9390
>>213
ガラガラドン
つhttp://hukumusume.com/douwa/pc/world/12/15.htm

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 16:00:51.20 ID:WcbLS9390
追記
こんび太郎
http://www.sunfield.ne.jp/~iwashaki/tikara.htm

一寸法師
http://www9.plala.or.jp/riversite/otogi/isun.html

白雪姫
http://www.aozora.gr.jp/cards/001091/files/42308_17916.html

・おやゆび姫
・さんびきのこぶた
・かぐや姫
は見つけられなかった

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 16:02:26.58 ID:VOQpUkO80
>>216
おお、ありがたい
さてちょっくら頑張ってみる


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:17:44.67 ID:VOQpUkO80

「ジャックと豆の木 」

むかしむかし、あるところにジャックという男の子がいました。
彼は一頭の牛と、お母さんと一緒に日々を過ごしていました。

スザク 「よし、今日もいっぱい搾ってやるからな!」

ジェレミア 「モ?! モ?! (ちょ、ちょっと、セクハラだぞ!!)」

スザク 「ははは、元気だな」

ジャックは牛からとれるミルクを売り、そのお金で暮らしを助けていました。
しかし、やがて牛も老いてしまい、とうとうミルクを出さなくなってしまいました。


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:20:33.67 ID:VOQpUkO80

セシル 「しょうがないわね。スザク、この牛を売って生活の足しにしましょう」

スザク 「ごめんな、モー太郎……」

ジェレミア 「モー……(いえいえ、役に立たない私が悪いのです。お世話になりました)」

ジャックは街へ牛を引いていき、しばしお別れのときを楽しみました。
すると途中で、眼鏡をかけたおじさんに声をかけられました。


258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:24:00.42 ID:VOQpUkO80

ロイド 「あは! 君、面白そうな牛を持っているね?」

スザク 「うちのモー太郎は見世物じゃありません」

ロイド 「うんうん、大事に世話をしていたというのがよくわかるよ。毛並みも良いし、目が生き生きとしている」

スザク 「はあ……」

ロイド 「良ければ、これと交換しないか?い?」

そういっておじさんが指差したのは、大きな白いロボットでした。
その機体は白い光を放っていて、スザクは瞬く間に魅了されてしまいました。


260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:27:11.39 ID:VOQpUkO80

ロイド 「これはね、ランスロットというナイトメアなんだよ。これさえあれば、な?んでもできる。君、これを見てどう思う?」

スザク 「す、すごいです……」

ロイド 「そーだよね! どう? その牛君と交換しない? 今なら魔法のマメもつけるよ」

スザク 「あ、お願いします!!」

ジャックはランスロットに飛び乗ると、嬉しそうに操縦しながら帰りました。
そしてランスロットをお母さんに見せると、たいそう怒られました。


261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:30:42.61 ID:VOQpUkO80

セシル 「こら、スザク! 変なおじさんからナイトメア受け取っちゃだめっていったでしょ!!」

スザク 「ごめんなさい。でも……」

セシル 「でももへちまもないの! 魔法のマメだって、役に立たないと思いますよ」

そう言って、お母さんは魔法のマメを窓から放り投げました。
その晩、ジャックはお母さんの炊き込みジャムご飯を食べ、しっかりトイレで吐き出してから布団に入りました。

翌朝、ジャックは窓から外を見て驚きました。
なんと魔法のマメが木となり、天高く雲の上まで続いていたのです。


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:33:53.55 ID:VOQpUkO80

スザク 「ランスロットに乗って、登ってみよう」

ランスロットに搭乗し、ジャックはどんどん木を登っていきます。
そしてあっという間にてっぺんに辿り着くと、大きなお城を見つけました。

そして城の中に入ると、大男が袋をもって鼾をかいて寝ています。
その袋の中には、大量の金貨が入っていました。

スザク (あれがあれば、お母さんは喜ぶはずだ! でも……だめだ)

スザク (間違った方法で手に入れた財産に、価値は無いと思うから)

ジャックはなんとか思いとどまると、その日は家に帰りました。


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:37:07.59 ID:VOQpUkO80

翌朝、ジャックは再びお城へとやってきました。
そして中へ入ると、今度は大男が鶏とたわむれているのを見ました。

皇帝 「金の卵を産む鶏は素晴らしい。素晴らしいぞおおおおお!!」

皇帝 「オール・ハイル・ブリタニアアアアアア!!」

大男がそう叫ぶと、鶏はびっくりして金の卵を産みました。
大男はその卵を掴むと、鶏を放って部屋から出て行きました。

スザク (あの鶏を持ち帰れば、僕らの生活は豊かになるに違いない。でも、だめだ)

スザク (僕に鶏をびっくりさせるほどの、あの大男のような素晴らしく響く声をもっていないから)

その日もジャックは、なにも持ち帰らずに家に帰りました。
母子の生活は苦しいものでしたが、ジャックは盗みまでして幸せを得たいとは思っていませんでした。


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:40:56.29 ID:VOQpUkO80

しかし次の日も、ジャックは城へ忍び込みました。
すると大男は、そのよく響く声で誰かを呼び出しました。

ユーフェミア 「はい、なんでしょうか。お父様」

スザク (う、美しい……!!)

娘に一目ぼれをしたジャックは、その晩迷わず娘を盗み出しました。
そしてそのまま結婚し、ジャックは幸せを手に入れました。
大きなマメの木は、その日のうちに切り落としてしまいました。


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:43:30.81 ID:nf17tihE0
それを盗んじゃうのかwwwwwwwww


266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 19:43:55.91 ID:8pZgU5y+0
流石ウザクwwwwwwwwwwww


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:45:17.65 ID:VOQpUkO80

彼は後々、こう語ります。

スザク 「大事なのは方法じゃないよ、結果さ」

その後、ジャックはゼロという革命家と手を組み、世界を変えていきましたとさ。



ルルーシュ 「……」

C.C 「なんだ、お前とスザクと仲良くやってるじゃないか」

ルルーシュ 「なにか、なにか間違っている気がする……」


「ジャックと豆の木」 おしまい


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:50:26.17 ID:VOQpUkO80

「北風と太陽」

あるところに、あまり仲の良くない北風と太陽がいました。
ある日、北風が太陽に提案をしました。

ルルーシュ 「太陽よ。どっちが知己に富み、どちらが力をもっているか勝負しないか?」

スザク 「ああ、かまわないよ」

ルルーシュ 「勝負の方法はこうだ。これから通る旅人の、上着を脱がせたほうが勝ちだ」

スザク 「それでいいよ。じゃあ、どっちからやろうか?」

ルルーシュ 「先手必勝。私からやろう」


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:54:37.20 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ (この勝負、上着を脱がせるのに大事なのは、旅人に上着を脱がせたいと思わせることだ)

ルルーシュ (私が風を起こせば寒がり、更に上着をしっかりと身につけるだろう。太陽が日を浴びせれば、旅人は暑がり上着を脱ぐだろう)

ルルーシュ (それはつまり、太陽の圧倒的有利。この勝負、太陽は勝利を信じて疑わないだろう。だが……)

ルルーシュ (逆にこの圧倒的不利な状況で私が勝てば、やつは完全なる敗北を認めざるをえない!!)

ルルーシュ (私にはギアスがある……パーツはそろった。 私の勝ちだ!!)


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 19:58:26.73 ID:TRY11Dsf0
>>273
風使えよwwwwwwwww


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:00:00.75 ID:VOQpUkO80

そしてしばらくすると、北風と太陽の前に旅人が現れました。

ルルーシュ 「それじゃあ太陽、いってくるよ」

スザク 「ああ、頑張れ!!」

北風はゆっくりと地上に降りていき、旅人の前に降り立ちます。
そして旅人と目を合わせると、太陽に聞こえないような小さな声で言いました。

ルルーシュ 「北風が命じる。お前は……上着を脱げ」


278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:01:04.96 ID:VOQpUkO80
>>276
すまん 旅人自ら上着を脱がせたほうが と脳内補完してくれ


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:03:22.16 ID:VOQpUkO80

ルルーシュ 「さ、上着を脱いでくれないか?」

C.C 「……なにを言っている。こんな寒いのに、脱ぐわけないだろう」

ルルーシュ 「な、なんだと!?」

C.C 「ぬかったな、北風よ。私にギアスは聞かない」

ルルーシュ 「く、くそおおおおおおおおおお!!」

C.C 「私に上着を脱いで欲しかったら、ピザハットのもちポテ明太子ピザでももってくるんだな」

ルルーシュ 「く、仕方がない! 待っていろ」


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:04:21.99 ID:CbIifpOVO
ルルが馬鹿すぎるwwww


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:07:38.91 ID:VOQpUkO80

北風がデリバリーでピザを注文している間に、太陽は旅人に熱風を吹き付けました。
旅人はとても暑かったので、あっさりと上着を脱ぎました。

スザク 「僕の勝ちだね。北風さん」

ルルーシュ 「そ、そんな……。馬鹿な……」

リヴァル 「ちわーっ、ピザハットですー。もちポテ明太子ピザ、お持ちしましたー」

C.C 「ああ、ありがとう。領収書は、『北風様』にしておいてくれ」

ルルーシュ 「やめろ! やめろおおおおおおおおおおおお!!」

リヴァル 「はい、かしこまりーっ」


287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/20(日) 20:12:12.11 ID:VOQpUkO80

やっぱり自分の能力にあったことをするべきなのです。
まさに、「分不相応」といったところでしょうか。
そう考え直した北風は、とりあえずピザを食べて火照った旅人の体に涼しい風を送ってあげましたとさ。

ルルーシュ 「ふーっ! ふーっ! く、くそっ!」

C.C 「風が弱いぞ。もっと気合を入れろ」


「北風と太陽」 おしまい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
タイトルのルルーシってなんだよコピペブログの癖に
2008/04/22(火) 18:16 | URL | 語る程の名前はない #-[ 編集]
指摘ありがとう。直しました
2008/04/22(火) 21:09 | URL | 管 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2ch4u.blog120.fc2.com/tb.php/50-88cfef41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。